トヨタ「86」に性能向上を目的としたTRDエディションが登場。足回りにはブレンボ製強力ブレーキ

GRスポーツに次いでTRDスペシャルエディションが登場

トヨタは先日、日本専用モデルとして「86」のGR(GazooRacing)スポーツモデルを販売することを発表しましたが、それに合わせてアメリカ市場向けにスポーティさに加えて性能向上を目的としたTRDスペシャルエディションを発表しました。

具体的な販売時期については不明(画像の公式のものが公開されていない)ですが、Cars Directの情報によればTRDボディキットや3ピースリヤスポイラーが装備され、更に足元には最新デザインの18インチアルミホイールとミシュラン製パイロットスポーツ4サマータイヤを装着すると言われています。

スポンサーリンク

ボディカラーは僅か1種類

現行モデルの「86」は、様々なボディカラーをラインナップしていますが、TRDスペシャルエディションは”Raven Black”の1色のみを販売するとのことで、サイドパネルには3色のTRDグラフィックが準備されるとのこと。

インテリアのダッシュボード付近には、レッドとブラックのTRDバッジを添付するものの、インテリア全体の変更は非常に少なく、レッドのシートベルトやコントラストステッチが追加されるレベル。

足回りや下周りの強化は施されるも、エンジンは共通

パフォーマンス面においては、ブレンボ製の強力なブレーキディスクとSACHSダンパーを備え、リヤにはTRDスポーツエキゾーストシステムが搭載される予定となっています。
パワートレインは、排気量2.0L 水平対向4気筒エンジンを搭載し、最高出力208ps、最大トルク211Nmを発揮します。

なお、TRDスペシャルエディションに設定されるトランスミッションは6速MTのみで、販売価格は約360万円からとなっています。

☆★☆トヨタ「86」関連記事5選はコチラ!☆★☆

トヨタ「86」スポーツ仕様”GR”にエントリーモデルを設定。価格は378万円から(2018/7/3投稿)
トヨタがイギリス市場向けに「GT86クラブシリーズ・ブルーエディション」を発売。価格は約420万円から(2018/6/1投稿)
スタンスネーション2018にて登場したトヨタ「FT86」風に改造の「MRS」。リヤデザインも完全に「FT86」風にカスタムしていた件(2018/5/15投稿)
これで本当に大丈夫か?次期モデル・トヨタ「86」/スバル「BRZ」の予想レンダリングが公開(2018/4/21投稿)
大黒PAにて、ランボルギーニ仕様のトヨタ「86」が目撃。ちなみに改造予算は・・・?!(2018/4/12投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう