ベントレーがグッドウッド・フェスティバルにて3台のモデルを発表。レーシングモデルも登場する?

ベントレーもグッドウッドフェスティバルに登場。気になるモデルは何?

来週より開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて、ベントレーが新たに3台のモデルを発表することがわかりました。
まず1台目に登場する予定のモデルとしては、6月末にパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(約20km/コーナー数は156個所)にて、SUVクラス最速記録となる10分49.9秒を更新した「ベンテイガ」。

パイクスピーク用にアダプティブエアサスペンションと48Vのエレクトリックアクティブアンチロールコントロール、Akrapovicスポーツ・エキゾーストを設定・調整することで最適な走行性能を実現し、安全性を向上させるために、ロールケージや消火システム、レーシングシートも装備され、更に車体重量を最大限にまで軽量化するため、運転席以外のインテリアシートを排除し、約300kgの軽量化を成功させたガチ過ぎるハードコアSUVとなります。

スポンサーリンク

あのハードコアレーシングモデルも登場する?!

続いては、2019年モデルとして新たにラインナップする「ベンテイガ・クーペ」。
このモデルは、まだ非公式ながら名称も確定していませんが、後方のヘッドルームやブーツスペースを与える際どいスタイリングを持つと言われています。
パワートレインとしては、W型12気筒ツインターボガソリンエンジンを搭載し、最高出力608ps、最大トルク900Nmを発揮するあたりは、従来の「ベンテイガ」と共通。パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が4.1秒、最高時速は301km/hにまで到達します。


そして最後の主役ともいえる3台目がハードコアモデルの「コンチネンタルGT3」と言われていますが、これについて詳細は全くの不明で当時のイベントまで明らかにならないと思われます。パフォーマンスとしては0-100km/hの加速時間が3.6秒、最高時速は333km/hにまで到達すると言われていますが、どのような性能を発揮するのか非常に気になるところです。

☆★☆ベントレー関連記事5選はコチラ!☆★☆

ベントレー「ベンテイガ」がパイクスピークにて記録更新。SUVとは思えぬ10分台にてフィニッシュ(2018/6/25投稿)
ベントレー「コンチネンタルGTC」の開発車両をキャッチ。「ベンテイガ」譲りのV8モデルもラインナップ予定(2018/5/16投稿)
ベントレーCEO「次期・コンチネンタルGTはエレクトリックモデルになる」(2018/4/15投稿)
ベントレー「ベンテイガ」にV8ツインターボモデルが登場。気筒休止システム搭載、世界最恐規模のブレーキ力を装備(2018/1/15投稿)
ベントレー「ベンテイガ」には2種類のPHVがラインナップ?ジュネーブMSにて明らかに(2018/1/8投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう