スズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」レンダリングまとめ。ユーザーの「ジムニー」愛は半端なかった件

「ジムニー」愛の伝わり方が半端ないって!

スズキの新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」がいよいよ販売され、悪天候が続く中でも累計受注が7,000台を突破しているとのことですが、やはり20年ぶりの復活ということもあってか、メーカもユーザーも「ジムニー(・シエラ)」に対する愛情は相当に熱いものが伝わってきますね。
そんな中で「こんなジムニー(・シエラ)が登場したら良いのになぁ…」というユーザーの願望から生まれたレンダリング(合成)画像も非常に人気。

今回は、今まで登場してきた「ジムニー(・シエラ)」のレンダリング画像を全てまとめていきたいと思います。

まずは上の画像にもあるオープン版「ジムニー・コンバーチブル」モデルが登場したら?というレンダリング。
「ジムニー」は、現在3ドアのハードトップ仕様で販売していますが、元々はオープン仕様の幌(ほろ)製ソフトトップ版にて販売されていました。

しかし、自動車の安全基準が強化されるようになり、幌は経年劣化による雨漏りの発生や衝突時の保護度が低く、実用面で大きな問題に。
それ以外においても、オープン仕様にすることでボディフレームの強化や重量増加といったデメリットも多数発生したため、ここまでデメリットを押し切ってまで販売する必要性が無いとして淘汰され、1998年の3代目となるJB24より、完全なるクローズドボディへと移行しました。

スポンサーリンク

それでもオープンモデルはとにかく大人気

3代目モデルのJB24からクローズドボディへと移行しても、根っからの「ジムニー」ファンは相当に強く、今でもオープンモデルの復活を願う声も相当に多い模様。
幌製ソフトトップはラインナップされていなくとも、現行モデルを幌風にカスタムしているショップも存在しているとのことで、なかには自分自身でカスタムを施し、構造変更してまで車検を通してしまう猛者が現れるほど、オープンをこよなく愛するオーナーも登場してしまうみたいです。

コンバーチブルモデルがあれば、やはりピックアップトラックも

こちらはピックアップトラック風レンダリング。
スタイリングベースは、2代目のソフトトップ・ピックアップトラック仕様の「ジムニー(SJ30)」(っというか既にピックアップトラック仕様が登場していたことに驚き)。
デザイン性と走破性に磨きをかけた2代目モデルで、そのスタイリングやカラーも奇抜ながら、4WDオフロードモデルならではの個性を発揮した人気モデルとなります。

もはや「Gクラス」並。4ドア仕様はこんな感じ

続いては4ドア仕様の「ジムニー」。
フロント・リヤにオーバーフェンダーが装着されていることから、ベースは乗用車仕様の「ジムニー・シエラ」といったところでしょうか。
スタイリング的には、メルセデスベンツ「Gクラス」に近づいた印象で、恐らく価格帯も「Gクラス」に比べて非常にリーズナブルで多くのオフローダーから人気を集める一台なるのでは?と思います。

こちらも「ジムニー・シエラ」の4ドアSUVと4ドアピックアップ。
ボディカラーはジャングルグリーンといかにもオフロード向けに準備された純正カラーとなりますが、どことなく自衛隊専用の特殊車両のようにも見える男心をくすぐるデザインとなっていますね。

ガチ仕様のオフロードモデルや車高短(シャコタン)、そして藤原とうふ店号も!

こちらはちょっと面白い「ジムニー・シエラ」のツートンカラー&オフロード仕様にカスタムしたレンダリングデザイン。
ボディカラーはキネティックイエロー&ブラックルーフのツートンデザイン(上位グレード”XC”にて設定可能)ですが、Bピラーからリヤハッチにかけてもブラックを採用することで、全体的にイエローとブラックの比率を50:50にまとめているところもグッド。

こちらはカスタムメーカとしても名高いADVAN Racing仕様の「ジムニー・シエラ」。
純正のオーバーフェンダーに加えて、車高を一気にローダウン化することでトヨタ「bB」等の小型トールワゴン風に様変わり。
ブラックとレッドのカスタムツートンカラーも中々にイカしてますね。

こちらもローダウン&車高短仕様の「ジムニー・シエラ」。
若干足回りのアームも弄ったのか、キャンバー角も付いているように見えますね。

こちらは今夏の海に向けてカヤックなどを積載したスタイリッシュな「ジムニー・シエラ」。
ホワイト系のボディカラーに加えてブラックパーツの使い方は、やっぱり上手いな~と思える程。
さり気なくデザインされたレッドのディテールアクセントもオシャレですね。

コチラはイニシャルD・藤原とうふ店号の「ジムニー」。
トヨタ「AE86」をカラーリング等を上手く「ジムニー」にトレース。
ちゃっかり「AE86」用に装着されたワタナベのホイールに味が出ています。

ちょっと変わったキネティックイエローとブラックのツートン仕上げ

こちらは、最も人気を集めているキネティックイエローとブラックのツートンカラー(配色パターンにセンスの高さを感じる)にルーフライトとオフロードタイヤを装着したレンダリング画像。
足回りは、中々カスタムされることのないスチール(鉄チン)ホイールですが、ここまでオフロードタイヤとの相性がバッチリなのも珍しく、これを更にハイリフトしても全く違和感の無い仕上がりになると予想。

なお、これは実際にディーラの方からお聞きした情報なのですが、現在「ジムニー/ジムニー・シエラ」で圧倒的に人気のが高い(オーダーする・しないに関わらず)のがキネティックイエローとジャングルグリーンの2色と言われています。

何れも対照的ともいえるカラーですが、特にキネティックイエローは、奇抜ながらもボックスオフロードの個体には非常にマッチしていて、今回のレンダリングのようにオフロードタイヤやブラックとのツートンカラーを組合わせたら、他色では表現できないほどに遊び心満載の一台になるとして圧倒的な人気を集めている模様。

アイボリー&ジープ風レンダリングも。これは欲しい!

こちらは、ピックアップトラック仕様の「ジムニー・シエラ」に、積載部分に外付けでブラックルーフ等を装着したオシャレな4ドアレンダリングとなります。
ボディカラーは、こちらは意外と人気の高いシフォンアイボリーメタリックを採用し、国産オフロードモデルというよりも、どちらかというとジープに寄せてきたかのような遊び心満載で武骨な一台。

フロントノーズが短いことから、従来通り排気量1.5Lの小排気量エンジンとなりますが、これだけのサイズ感で有ればV6エンジンぐらいは搭載していてもおかしくなさそうなところ(それだけパワーとトルクを持たないと、車体重量の影響で牽引する能力を発揮できないかも?)。
少々突っ込みどころのあるレンダリングではありますが、こちらも商品化すれば間違いなく売れる一台ではないかと思います(特に海外では)。

やっぱり出てきたラリー仕様

こちらは、キネティックイエローにブラックのツートンカラーにてまとめたオシャレな「ジムニー・シエラ」を、ラリー仕様にレンダリング。
フロントグリル前にはコーナーポッドが4灯追加され、フロントヘッドライトハウジング内にも四眼式LEDヘッドライトが差し込まれているちょっとしたこだわり(ルーフにはもちろん積載用のアクセサリパーツも準備)。

ホイールとタイヤも完全にラリー仕様(もちろんマッドガードも着用済み)に履き替えられ、今にもこれから悪路を走破してくる気満々のアウトドアな一台といった印象ですね。

ハミタイ&ピックアップはもはや反則レベルのカッコよさ

これは確実にアメリカで人気爆発するであろうハミタイ&ピックアップトラック仕様の「ジムニー・シエラ」。
こちらもボディカラーはキネティックイエローにブラックのツートンカラーにてまとめています。

ブラックプラスチックのオーバーフェンダーを装着しているのに完全にタイヤがはみ出ていますね。
タイヤもそこまで太い印象ではないのですが、ホイールは18インチ~19インチはありそうなグロスブラック仕上げのダブル5スポークデザイン。
おまけに車体デザインはSUVではなく、ピックアップモデルということで、しっかりとロールバーも装着済み。

ロールバー/ケージは、ラリーやサーキットを走る車の多くに組み込まれており、どちらも運転席を守る事が目的となっていますが、このレンダリングではその役目をうまく果たせるでしょうか?

昔ながらの幌デザインも味があって良いでしょ?

まさしく現代とレトロが融合した「ジムニー・シエラ」のレンダリング。
スタイリングベースはポリエステル材質を使用した幌タイプ。ドアサイドウィンドウはガラス製なのにリヤウィンドウは…というギャップがたまりませんね。
足回りにはマッドガードが装備され、ホイールは上位グレード”JC”純正の15インチアルミホイールを装着。
フロントエンドには、動物除け?のための剛性たっぷりフレームを装着して、悪路を走破してみましょう!

シンプル仕様のリフトアップレンダリングも

ジムニーファンが待ち望んだリフトアップ版の新型「ジムニー」レンダリング。
ボルトオンタイプの薄手のオーバーフェンダーを到着し、オールテレーン的な極太&小口径ホイール専用タイヤに履き替えられていますね。
やはりこちらもボディカラーはキネティックイエローですが、敢えてブラックとのツートン仕上げにしないところがグッド(純粋にカスタムを楽しんでいるように見える)。

遂に脱線までしてきたガンダムシリーズのジオン公国仕様も登場

レンダリングの可能性は無限大と言いますか…予想の右斜め上を行くガンダムシリーズの「ジオン公国/地球連邦軍」仕様のレンダリング画像が公開。
※ジオン公国は、ガンダムシリーズに登場する架空の国家を指していて、ジオン共和国の後身となります。機動戦士ガンダムでは、主人公のアムロ・レイが所属する地球連邦軍の敵対勢力として登場。

そんな中で早速登場したのが、軍用車等で採用されるオリーブドラブカラーの「ジムニー・シエラ」。
純正カラーのジャングルグリーン程にダークではないですが、この色合いも個人的にはグッド。
フロントエンドグリルセンターとドアサイドパネルにはジオン公国専用ロゴが添付され、より一層の雰囲気が出ていますね。

今度はジオン公国専用車両でありながらも、ボディカラーはグフ仕様のブルーにてまとめられた「ジムニー・シエラ」。
あえて純正のブリスクブルーメタリックではなく、よりグフに近いブルーカラーに仕上げるところに大きな拘りが感じられますし、さりげなくブラックのツートンにしているところもグッド。
登場(搭乗)するはやっぱり「ランバ・ラル」でしょう。
それにしても”「ジムニー・シエラ」、いい目をしているな”。

まさかの誰も想像できなかったキシリア仕様の「ジムニー・シエラ」。
キシリアの象徴ともいえるパープルカラーを大胆に採用していますが、他のレンダリングと異なるのは、フロントロアバンパーがブラックではなく同色のパープルにカスタムしているところ。
より一層の個性を発揮できますが、あまりにも強烈過ぎる一台ですね。
正直、この流れはザク仕様が来てもおかしくなかったのですが、”意外と、私も甘いようで…”。

やはりこのデザインを忘れていけませんね。地球連邦軍・ジム仕様の「ジムニー・シエラ」。
主力量産型モビルスーツのカラーを参考にしていますが、ランボルギーニのライトな”ブルー・ケフィウス”風と、オレンジとレッドが入り混じったバイカラーデザインとなっていますね(地球連邦軍のロゴも含めるトリプルカラー)。

中々こういったユーモア溢れるレンダリングを見れる機会は少ない為、ちょっとした刺激にもなっていますが、今後更に個性的なレンダリングが登場するかもしれないので非常に楽しみですね。

その他の新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」に関する最新情報はコチラにてまとめております。

☆★☆新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」インプレッション関連記事2選出はコチラ!☆★☆

【エクステリア編】スズキ・新型「ジムニー」見てきた!キネティックイエローとブラックのツートン、リヤドアってそうやって開くのね【動画有】(2018/7/5投稿)
【インテリア編】スズキ・新型「ジムニー」見てきた!各種ボタン類や乗り心地、居住性は?(2018/7/5投稿)

☆★☆新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」のレンダリング関連記事7選はコチラ!☆★☆

遂にガンダムシリーズまで。スズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」をジオン公国/地球連邦軍仕様にレンダリング(20186/28投稿)
まだまだ続くぞスズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」レンダリング集。今度は”ラリー/ハミタイ”そして待望のリフトアップ等【動画有】(2018/6/27投稿)
スズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」のレンダリング続々。併せて簡易カタログも今更公開(2018/6/26投稿)
スズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」のレンダリング続々。自衛隊・4ドア・イニD風等(2018/6/24投稿)
【レンダリング】これ登場したら売れそう。スズキ・新型「ジムニー」をピックアップトラック&4ドア風にしたら?(2018/6/22投稿)
スズキ・新型「ジムニー」にコンバーチブルモデルが登場したら?というレンダリングが公開(2018/6/20投稿)
これ欲しいかも。スズキ・新型「ジムニー」のツートンカラーはこうなる!というレンダリングが公開に(2018/6/9投稿)

☆★☆新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」の見積もり・まとめ関連記事5選はコチラ!☆★☆

スズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」まとめ。価格やグレード、オプション、ボディカラー、燃費等(2018/6/20投稿)
スズキ・新型「ジムニー・シエラ(4AT)」オートマ仕様の見積もりしてみた!最低でも総支払額221万円からは買い?(2018/6/19投稿)
スズキ・新型「ジムニー(4AT)」オートマ仕様の見積もりしてみた!インテリアも完全リーク(2018/6/18投稿)
スズキ・新型「ジムニー・シエラ」見積もりしてみた!グレード毎のオプションの違いや燃費は?「ジムニー」も含め月産台数と納期も公開!(2018/6/14投稿)
スズキ・新型「ジムニー」見積もりしてみた!グレード毎のオプションの違いは?「ジムニー」の燃費も公開(2018/6/13投稿)

☆★☆新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」のカタログ関係記事13選はコチラ!☆★☆

スズキ・新型「ジムニー」のアクセサリカタログ気になる?その中身を公開【インテリア/アウトドア/イルミネーション他編】(2018/7/5投稿)
スズキ・新型「ジムニー」のアクセサリカタログ気になる?その中身を公開【ピックアップ/スタイル/エクステリア編】(2018/7/5投稿)
スズキ・新型「ジムニー・シエラ」のアクセサリカタログがカッコ良過ぎる件。新型「ジムニー」に特別限定車も?!(2018/7/5投稿)
スズキ・新型「ジムニー」の公式カタログも公開。既にカタログ配布している店舗も多数ある模様(2018/7/3投稿)
スズキ・新型「ジムニー・シエラ」の公式カタログ完全公開!主要緒元も見せます(2018/7/2投稿)
これがスズキ・新型「ジムニー」のインパネだ!併せてアクセサリ・オプションの追加情報も公開(2018/7/1投稿)
スズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」のカタログが続々とリーク。6月末時点での納期も大変なことに(2018/6/30投稿)
スズキ・新型「ジムニー」5速マニュアル(5MT)の内装がリーク。簡易カタログにはちょっとした遊び心も(2018/6/25投稿)
スズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」の資料が更にリーク。今度は基本図解、ホイールデザイン等(2018/6/17投稿)
スズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」の資料が続々とリーク。今度はアクセサリパーツの資料だ!(2018/6/16投稿)
何とも個性的な…6/18(月)配布のスズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」の簡易カタログ完全リーク(2018/6/15投稿)
スズキ・新型「ジムニー」の資料が続々とリーク。リヤトランクやエンジン縦置き、そして価格も!(2018/6/10投稿)
スズキ・新型「ジムニー(JB64)」のカタログがリーク。ボディカラーは10色以上、基本設計は前型(JB23型)から大きな変更は無し(2018/6/7投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう