世界限定80台&グリーンカーボンのケーニグセグ「レゲーラ」が登場。オシャレな「ラ・フェラーリ」も

まず目撃などできない「レゲーラ」が一般道を走行

ドイツ・バーデンにて、ケーニグセグ初のPHVモデルで世界限定80台のみ販売された「レゲーラ」が登場。
ケーニグセグ「レゲーラ」は、「ラ・フェラーリ」やマクラーレン「P1」、ポルシェ「918スパイダー」といったHVモデルの中でも後発となりますが、やはり特筆すべきなのはそのパワーで、排気量5.0L V型8気筒ツインターボを搭載し、エンジン出力だけで1,100psを発揮。ここに約700ps分のモータ3基が使用されることで、システム総出力1,500psを発揮することが可能となっています。

スポンサーリンク

渋すぎるエメラルドグリーン&カーボンデザイン

今回登場している「レゲーラ」は、恐らく同じボディカラー等存在しないであろう極めて珍しいエメラルドグリーン系のフルカーボン仕様で、スイス・ジュネーブモーターショー2017でも先行にて公開された個性ある一台。

アップデート式のエアロキットやリヤウィングレットは装着されていませんが、発生するダウンフォースは310kgにまで到達します。
内装も非常に落ち着いており、スーパーカーというよりかは、かなりレトロチックなクラシックカーをイメージさせるようなデザインとなっています。

ちなみに、「レゲーラ」の一台あたりの車両本体価格は約2.2億円。
生産台数は上記の通り80台ですが、納期は3年~4年と言われています。

Reference:AUTOGESPOT

何ともオシャレ~な「ラ・フェラーリ」が登場

こちらはハンガリー・ブタペストにて目撃されているブラックカラーの「ラ・フェラーリ」。
上のケーニグセグ「レゲーラ」同様にハイブリッド仕様で、システム総出力963psを発揮するフェラーリの代表的なモデルとなります。
全体的にブラックにてまとめられていますが、フロントボンネットにはさり気ないイタリアントリコローレのアクセントが加えられていますね。

正面から見るとこんな感じ。
インテリアも過激なロッソ系を採用しているため、ブラックのボディカラーに映えます。
何気ない駐車スペースにこんなハイパフォーマンス限定モデルが鎮座していれば、誰でもカメラを向けたくなる理由は凄くよくわかります。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

ケーニグセグがブガッティ「シロン」風のユニークな「レゲーラ」他を公開(2018/3/6投稿)
エアロパッケージ装着のケーニグセグ「レゲーラ」のエンジンサウンドを動画にて。PHVとは思えないエンジンサウンドは格別【動画有】(2017/12/13投稿)
君は知ってた?ケーニグセグ「レゲーラ」専用エアロパッケージ以外にも、旧式モデルにも専用ゴーストパッケージが準備【動画有】(2017/8/23投稿)
ロンドンにて、”世界で1台”しか存在しないブルー・ポッジの「ラ・フェラーリ」が登場【動画有】他(2018/6/17投稿)
これは合法なのか?フェラーリ「FXX K」仕様にカスタムした「ラ・フェラーリ」が公道を走る【動画有】(2018/4/29投稿)

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう