男のV8エンジンを搭載。レーシング仕様にカスタムされたBMW「i8GTR」が登場

直3ハイブリッド→V8NAにスワップの男前仕様

BMWは、ハイパフォーマンスモデル「M1」を発表して以来、中型エンジンタイプのスーパーカーを発表していませんが、この度フランスのコーチビルダーがプラグインハイブリッドモデルの「i8」を過激カスタム。

今回カスタムされた「i8」は、レーシング仕様に仕上げられたことから「i8 GTR」と名付けられ、シャシーを中心に再設計が施され、全体のシルエットもレーシング風にデザイン。
パワートレインも、環境法規制を配慮した排気量1.5L 直列3気筒自然吸気エンジン+電気モータ搭載のプラグインハイブリッドから、同規制完全無視の排気量4.0L V型8気筒自然吸気エンジンに置き換えられ、最高出力も369hp→約540hpへと大幅アップしています。

スポンサーリンク

エンジン置換えによりパワーアップ以外のメリットも

この「i8 GTR」は、Belcarシリーズに参加するHamofa Motor Sportチームのために開発され、今後ベルギーGPにて本格参戦していきます。
ちなみに、この個体の車体重量は約1,100kgと非常に軽量で、従来モデルの1,500kgよりも400kgの軽量化(電気モータを排除しているため)に成功。
パフォーマンスにおいても、0-100km/hの加速時間が4.4秒、最高時速は250km/hにまで到達します。

なお、フランスのコーチビルダーは、更なるアップグレード計画を進めており、最高出力500hp→600hpにまでパワーアップさせるとのことですが、ロードリーガルモデルとして展開する可能性は限りなく低そうです。

【I8 GTR race car Revealed】

【BMW i8 V8 GTR Silhouette – Z4 GT3 sounds】

☆★☆BMW関連記事5選はコチラ!☆★☆

3DデザインがBMW「i8」をクールにカスタム。レーシングスタイルで注目度も更にアップ(2018/2/24投稿)
BMWのレーシングモデル「M8 GTE」のスペックが公開。V8ツインターボ&最高出力500~600馬力に【動画有】(2018/2/18投稿)
走行距離は約12,000km。37年間修復無し&程度抜群のBMW「M1」が9,800万円にて販売中(2018/5/20投稿)
BMW「M2コンペティション」にMパフォーマンスパーツが登場。強力な足回り、カーボン多用の過激な一台に(2018/5/7投稿)
【超希少】実はランボルギーニも開発に絡んでいた。BMW「M1 AHG Studie」が約1億円にて販売中(2018/4/6投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう