何これカッコいい。マットピンク&ブラックの見事なツートン仕様となるフェラーリ「ポルトフィーノ」が登場

早くもオリジナル感満載の「ポルトフィーノ」が登場

イタリア・ミランにて、フェラーリの最新エントリーモデルとなる「ポルトフィーノ」が目撃されています。
この個体は、同社エントリーモデル「カリフォルニアT」の後継モデルとして発売され、パワートレインは、排気量3.9L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力600ps、最大トルク760Nmを発揮。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.5秒、最高時速は320km/hとなっています。

既に納期1年以上となっている大人気モデルの「ポルトフィーノ」が、早速イタリアにて登場しているわけですが、ボディカラーは何とも奇妙なマットピンク風に仕上げられていますね。

聞くところによれば、この個体の元々のボディカラーはメタリックブラックで、その上からM5タイプのカラーラッピング施工を行っているとのことですが、ベースとなるブラックとの相性は非常に良く、かなりハイセンスな仕上がりになっているのではないかと思います。

スポンサーリンク

単なるカラーラッピングでも、ここまで雰囲気が違ってくるのか…

正面から見るポルトフィーノ。
個人的には「GTC4ルッソ/GTC4ルッソT」の次にツボとなる表情を持っていて、口角を上げたかのようなデザインには、どこか女性らしさも宿っていたり。
それにしても、複雑なグリル周りに対して上手くラッピング施工が行われていますね。

「488スパイダー」ともコラボ。実はこの2台にはある共通点が…?

隣にはメタリックブラックの「488スパイダー」。
このコラボはかなり好み。ちなみに、「ポルトフィーノ」(のベースカラー)と「488スパイダー」のボディカラーは全く同じみたいです。

こちらはリヤデザイン。
リヤテールランプは単眼とシンプルですが、両サイド2本だしのクワッドエキゾーストパイプに加えて、スリット深めのリヤディフューザーのインパクトは、とてもエントリーモデルとは思えない程の迫力がありますね。

☆★☆「ポルトフィーノ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

これ本当にエントリーモデル?フェラーリ「ポルトフィーノ」がアルプスロードを豪快に攻める【動画有】(2018/7/1投稿)
トランクスペースは意外と充実?女性ユーチューバーがフェラーリ「ポルトフィーノ」をレビュー→トランクにも入ってみる【動画有】(2018/4/24投稿)
フェラーリ「ポルトフィーノ」のオプション10選。カップホルダーで約30万円だと?!【後篇】(2018/3/27投稿)
フェラーリ「ポルトフィーノ」のオプション10選。どれも高すぎると話題に【前篇】(2018/3/27投稿)
フェラーリ最新モデル「ポルトフィーノ」が登場。最高出力600馬力の「カリフォルニアT」後継モデルか(2017/8/23投稿)

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう