日産×イタルデザインの共同開発モデル「GT-R 50 by Italdesign」がグッドウッドにてデビュー。価格は何と1.2億円だ!

あの特別コラボした「GT-R」がグッドウッドに登場

先日、日産とイタルデザインが、「GT-R」誕生50周年を記念した特別共同開発モデル「GT-R 50 by Italdesign」を世界初公開しましたが、この個体が7月12日より開催のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018にて出展することがわかりました。

この個体は、日産のハイパフォーマンスモデル「GT-R Nismo」をベースにしたプロトタイプモデルとなりますが、その価格帯は驚異の約1.2億円であることが発覚。
ベースとなる日産「GT-R Nismo」で約1,900万円となるため、6倍もの価格差が発生していますね。

スポンサーリンク

コレクターにはたまらない一台

「GT-R 50 by Italdesign」のパワートレインは、排気量3.8L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、GT3コンペティション仕様のVTECターボチャージャーと、より大きなインタークーラーを備えたNismo仕様のアップグレード版で、ヘビーデューティクランクシャフトやピストン、コネクティングロッド、ベアリング、高流量ピストンジェット、カムシャフトプロファイルを改良することで、最高出力720ps/7,100rpm、最大トルク780Nm/5,600rpmを発揮します。

トランスミッションは6速DCTを更に強化し、より強力なディファレンシャルとドライブシャフトにより、ダイナミック且つ安全に四輪駆動(AWD)へと伝達されます。

ワンオフモデルかと思いきや…

なお、この個体は世界限定50台のみ製造する計画があるとのことですが、もしかするとそれよりも更に少ない台数となる可能性が高く、プレミア価値も相当に高くなると考えられます。

【Nissan GT-R50 by Italdesign to make world debut at Goodwood Festival of Speed】

☆★☆日産「GT-R」関連記事5選はコチラ!☆★☆

ベースは「GT-R Nismo」。日産とイタルデザインが50周年を祝う共同開発モデル「GT-R 50 by Italdesign」が世界初公開(2018/6/29投稿)
栃木県警に日産「GT-R」が納車。日本最速パトカー&ナンバーはもちろん”110”だ!【動画有】(2018/6/16投稿)
1,500馬力チューンの日産「GT-R」と純正1,500馬力のブガッティ「シロン」がドラッグレース他【動画有】(2018/6/5投稿)
2018年モデル・日産「GT-R NISMO GT3」が登場。性能アップに加えてオプションでエアコン設定も可能に(2018/6/2投稿)
中古車サイトにて、ワイスピ&ドリ車仕様に魔改造された日産「GT-R」が販売中。FR駆動で6速シーケンシャルMTとか変態だろ…(2018/5/21投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう