アウディ・スポーツが「R8 V10 Plus・アウディスポーツパフォーマンスパーツ」の限定モデルを発売。限定44台、モータースポーツ技術を活かした究極の一台

究極の「R8 V10 Plus」がここに登場

レーシングモデルのテクノロジーやノウハウをフィードバックしたアウディ・スポーツブランドから、モータースポーツにて実証された機能強化と、これまで登場してきたモデル史上最も強力ともいえる「R8 V10 Plus・アウディスポーツパフォーマンスパーツ」が販売されます。
この個体は、世界限定僅か44台のみ販売され、価格帯としては約2,580万円とランボルギーニ「ウラカンRWD」に近いプライス、そしてアグレッシブなエアロロアジェンダにより、強力なダウンフォースを発生します。

スポンサーリンク

これまでに無いアグレッシブスタイル

今回装着されるエアロキットは、CFRPを使用することで軽量化を施し、厳しい風洞試験にて幾度にもテストを重ね、固定式の大型リヤウィングやリヤディフューザーを装着することで車体剛性を向上。
その他の機能については、アウディスポーツブランドのサイドスカート、エアダクトの追加、エアフローエレメントの追加、20インチのマルチスポークフルミリングホイール、セラミックブレーキディスク、よりディープなスプリッタを設定しています。

各国の割当台数は?日本での販売は?

パフォーマンスとしては、330km/hの速度にて250kg(従来モデルよりも100kg以上)のダウンフォースを発生することが可能となっています。

インテリアについては、アルカンターラを採用したステアリングホイールの12時の部分にレッドのストライプを追加するだけでなく、リヤビューカメラやアウディ・スマートフォンインターフェース、ナッパレザーを採用したバケットシート、MMIナビゲーションが装備されます。
なお、割当て台数としては、現時点でイギリスが5台のみと決められていますが、フランスやイタリア、アメリカにも割り当てられる予定です(日本は不明)。

☆★☆アウディ「R8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

アウディのフェイスリフトモデル「R8GT」と思わしき開発車両が登場。V10搭載で670馬力発生か(2018/6/14投稿)
V6エンジンモデル?謎のアウディ「R8」の開発車両をキャッチ(2018/4/26投稿)
アウディ「R8」のV6エンジンモデルがニューヨークASにてデビュー予定。マイルドハイブリッドも搭載?(2018/3/21投稿)
まさかのV6エンジンも?!次期モデルのアウディ「R8」が登場しないにも関わらずフェイスリフト版の開発車両をキャッチ(2018/3/17投稿)
アウディのエントリースポーツモデル「R8 GT」の開発車両を捕捉。V6ダウンサイジングの可能性も(2017/10/9投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう