ランボルギーニ「アヴェンタドール/チェンテナリオ/ヴェネーノ」にリコール。シフトダウンするときにエンジンが停止する恐れ有り

アメリカにて納車されているランボルギーニにリコール

ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドール」等にリコール。
リコール内容によると、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジン&7速シングルクラッチトランスミッションを搭載するモデルに関して、低回転から自動的にダウンシフトするときに突如としてエンジンが停止する恐れがあるとしてアメリカにて納車している約1,700台にリコールを発令しています。

スポンサーリンク

対象は「アヴェンタドール」以外のあの限定モデルも

対象となるモデルは、2011年3月22日~2017年10月14日に製造された2012年~2018年のクーペ&ロードスターモデルとなります。
アメリカにおいては、2017年のランボルギーニの販売台数が1,095台となりますが、その中で販売されたV型12気筒モデルの大半がリコールの対象となっていますね。


ちなみに、対象となっているモデルは「アヴェンタドール/アヴェンタドールS/アヴェンタドールSV」以外にも世界限定モデルとなる「チェンテナリオ/ヴェネーノ」のクーペ&ロードスターモデルも含まれてのリコールとなっています。

「チェンテナリオ」は、5月にラベルの貼り間違えとなるリコール(11台)が発令済みで今年2回目のリコール。
一方の「アヴェンタドール/ヴェネーノ」については、昨年1,453台を対象にガソリンタンクの過充填と排気ガス漏れにより、火災発生を防ぐためにリコールを発令済となっています。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

メルセデスベンツ「C220d/ステーションワゴン」がリコール。排ガス状装置等が停止して保安基準に適合しなくなる恐れ有り(2018/7/9投稿)
メルセデスベンツに110車種17万台超えの大規模リコール発令。意図せずエアバッグが展開する恐れ有り(2018/7/5投稿)
改善対策という名のリコール。トヨタ「ジャパンタクシー」のシフトロック不具合にて勝手に動き出す恐れ有り(2018/7/4投稿)
シトロエン「C4カクタス」にリコール。走行中にボンネットが開くだと?!(2018/7/3投稿)
フェラーリ「458イタリア/カリフォルニア」等がリコール。タカタ製エアバッグに不具合有り(2018/6/29投稿)
ポルシェ「パナメーラ」がリコールで販売中止。リヤアクスルに不具合有り(2018/6/27投稿)
シボレー「コルベットZR1」に早くもリコール。エアバッグが展開せず死亡のリスク上昇(2018/6/23投稿)
ホンダ「S660」とスマート「フォーフォー」にリコール。センサやECU関連に不具合有り(2018/6/21投稿)
VW「ゴルフ/シロッコ」等10万台以上の大規模リコール。既に1,000件以上ライト類が点灯しない不具合有り(2018/6/21投稿)
スバル「レガシィ/インプレッサ」にリコール。燃料ポンプ不具合で走行中にエンストの恐れ有り(2018/6/14投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう