やっぱり帝王は帝王だった。マクラーレン「720S」とテスラ「モデルS P100D」がドラッグレースバトル【動画有】

久々にドラッグレースの帝王が大暴れ!

過激チューニングを施した日産「GT-R」やランボルギーニ「アヴェンタドール/ウラカン」、ブガッティ「シロン」、ポルシェ「918スパイダー」等を完全撃破してきたドラッグレースの帝王・マクラーレン「720S」が、今回は電気自動車のトップレンジモデルとなるテスラ「モデルS P100D」とドラッグレースバトル。

既に経験済みかと思っていた100%電気自動車モデルと100%内燃機関モデルのバトルですが、一体どのようなバトルを繰り広げるのか非常に気になるところですね。

スポンサーリンク

早速、各車両のスペックを見てみよう

【マクラーレン「720S」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン
最高出力/最大トルク:720ps/770Nm
トランスミッション:7速デュアルクラッチトランスミッション
0-100km/h加速時間:2.9秒
車体重量:1,403kg

【テスラ「モデルS P100D」】
パワートレイン:デュアルモータ バッテリ容量100kWh
最高出力/最大トルク:611ps/967Nm
トランスミッション:-
0-100km/h加速時間:2.7秒
車体重量:2,027kg

いざバトル!…ってか「720S」速過ぎじゃね?

今回のドラッグレースバトルでは、お互いに全く同じスタートダッシュを切るフェアバトルと、「モデルS P100D」が先にスタートダッシュを切り、その直後に「720S」も追従するような形でスタートするハンデ形式。
ゼロヨン(400m)レースとはいえ、この僅かなスタート差が命運を分けるのですが、それでも驚異的な加速力をみせる「720S」。
「モデルSがスピード緩めてる?」と言わんばかりの後半の伸びは爆発的で、やはり空力特性に優れた「720S」だからこそできる業なのではないかと思います。
こうして改めて見てみると「720S速過ぎやろ!」と思わせてくれる動画となっています。

【Tesla Model S P100D Ludicrous vs McLaren 720S 1/4 Mile Drag Racing】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

夢のV12NAバトル実現。フェラーリ「812スーパーファスト」vsランボルギーニ「アヴェンタドールS」のドラッグレースバトル【動画有】(2018/6/30投稿)
1,500馬力チューンの日産「GT-R」と純正1,500馬力のブガッティ「シロン」がドラッグレース他【動画有】(2018/6/5投稿)
ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」と日産「GT-R」がドラッグレース→「GT-R Nismo」ガッツリ出遅れで勝負にならず【動画有】(2018/4/19投稿)
意外にも実現しなかった組合せ。日産「GT-R」とホンダ「NSX」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/2/17投稿)
そんなに勝ちたい?今度は1,250馬力にチューンアップの日産「GT-R」と帝王・マクラーレン「720S」がドラッグレース【動画有】(2017/12/3投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう