これ覚えてる?ランボルギーニ「ディアブロ」の後継予定だった「カント・コンセプト」【動画有】

コンセプトカー「カント」のデザイナーは何と日本人!

ランボルギーニのフラッグシップモデル「ディアブロ」の後継モデルといえば「ムルシエラゴ」ですが、元々後継モデルとして登場予定だったのがザガートの原田則彦 氏がデザインした「カント・コンセプト(P147)」でした。
1990年代後半までに、「ディアブロ」が製造されて10周年に近づき、ランボルギーニは新たなフラッグシップモデルの開発の可能性を模索してきましたが、1998年6月にアウディの傘下となり、後継モデルの開発が急速に進み、1999年に販売する予定の価格としては約4,400万円、生産台数は400台に制限されていました。

スポンサーリンク

とにかく批判的だらけのコンセプトモデルだった



当時アウディの会長であった、フェルディナンド・ピエシュ氏は、1998年に「カント・コンセプト」は「ミウラ」と同じ位アグレッシブでなかったこを批判し、スーパーカーファンからも全く支援されていませんでした。

また、リヤへの大量のエアダクトにも問題があり、スーパーカーのオリジナルのスタイリングは、1999年初めにリフレッシュされフェイスリフトを除き、リヤエンドインテークを更に小さくするために再加工されました。

実は1台だけ日本人オーナーが所有している?

更新されたモデルは、1999年3月に開催されたスイス・ジュネーブモーターショーにて一般公開される予定でしたが、実はフェルディナンド・ピエシュ氏の承諾を一切得ていなかったため、このプロジェクトはキャンセルされましたが、既に5台が製造されており、その内の一台のプロトタイプモデルは日本人コレクターに納車されました。

なお、この個体のパワートレインは、排気量6.0L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力640ps、駆動方式は後輪駆動(MR)、トランスミッションは6速MTのみ、最高時速は350km/hにまで到達します。

【Lamborghini P147 Canto Zagato】

☆★☆ランボルギーニ・コンセプト関連記事5選はコチラ!☆★☆

ランボルギーニ「テルッツオ・ミッレニオ」はコンセプト史上最もクレイジーな一台?(2018/3/14投稿)
過去と未来の融合。ランボルギーニの新たなモデル「コンセプトX」が公開に(2017/12/9投稿)
本当か?ランボルギーニのコンセプトカー「ESTOQUE(エストーケ)」が現実的に市販化される?(2017/1/5投稿)
意外な真実。フェラーリよりも先にランボルギーニが30年前に「ポルトフィーノ」を発表していた件(2017/8/25投稿)
世界限定1台のみ。ランボルギーニ「カウンタック」進化版となる「ソニア」が国内中古車市場にて販売中(2017/7/17投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう