アストンマーティンが、突如としてグッドウッドにてV8エンジンを搭載したシティカー「シグネットV8」を世界初公開

アストンマーティンがまさかのサプライズ!

本日より開催のイギリス・グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018にて、アストンマーティンが突如としてクレイジー過ぎるシティカー「シグネットV8」を世界初公開しました。
この個体は、アストンマーティンのQ部門が、トヨタの2ドア・シティカーとなる「iQ」の基本設計をベースにしながらも「ヴァンテージS」のパワートレインをベースとした最もパワフルなシティーカーであるとして、排気量4.7L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載しています。

スポンサーリンク

ベースはもちろん「シグネット」。作りはほぼ別物?

構成としては、右ハンドルシャシー専用に新しいフロントバルクヘッドやトランスミッショントンネル、旧型「ヴァンテージ」の専用サスペンション、サブフレーム、ロールケージを標準装備。

車両重量としては、従来「シグネット」の1,000kg→1,375kgと大幅に増加し、更には最高出力98hp→430hpともはや説明が付けられないほどのパワーアップとなり、トランスミッションもスポーツ・パドルシフトが設けられながらも、後輪にとてつもないパワー負荷が掛けられることとなります。
ちなみに、気になるパフォーマンスは0-100km/hの加速時間が4.2秒で、最高時速274km/hにまで到達します。

ただし、これだけのパワーアップが施されながらも、燃料タンクは全く変わらずの30Lとなるため、仮に燃費が4km/Lであれば、どんなに頑張っても1タンク約100km走行が限界といったところ(実用性マジで”0”)。

足回りについては、従来モデルの16インチ→19インチにインチアップし、カーボンファイバホイールアーチをセットアップしていて、まるでゴーカートのようなスパルタン過ぎる一台となっていますね。

【The Ultimate City Car – Unleash the V8 Cygnet】

☆★☆グッドウッド直近記事5選はコチラ!☆★☆

グッドウッドにて、BMW「M2」のMパフォーマンスパーツコンセプトを出展。軽量ボディで60kg以上の軽量化(2018/7/12投稿)
グッドウッドにて、1965年式・フォード「マスタング」が完全自律走行車両として登場。ヒルクライムでも実走だ(2018/7/12投稿)
マクラーレンのハードコアモデル「600LT」がグッドウッドにて登場。詳細スペックやオプションも発表(2018/7/12投稿)
ロールスロイスがグッドウッドにて5車種出展予定。最新SUV「カリナン」も登場(2018/7/11投稿)
グッドウッドにて、ブルガリアに続いてインド・Vazirani Shulが、タービン使用のハイパーカーを発表する模様【動画有】(2018/7/11投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう