えっ、そのまま?トヨタ・新型「スープラ(A90)」がカモフラージュデザインのままグッドウッドにてデビュー【動画有】

期待と予想を大きく裏切った「スープラ」が衝撃デビュー

何年も前から様々な噂や憶測、スパイショット、レンダリングを経て、この度イギリス・グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018にて世界デビューを果たしたトヨタの新型「スープラ(A90)」ですが、まさかのティーザー画像にて公開されたカモフラージュラッピングを施したプロトタイプモデルのままでの衝撃デビューでということで、これは色んな意味で期待を裏切られたパフォーマンスとなりましたね。

スポンサーリンク

グッドウッドに登場したのはGRMN?

今回世界デビューを果たしたトヨタ・新型「スープラ」は、最上位グレードであるGRMNであるかは不明ですが、共同開発中であるBMWから供給される排気量3.0L 直列6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力335hp、最大トルク500Nmを発揮します。
トランスミッションは、デュアルクラッチトランスミッションのみでマニュアルは一切設定されることはありません。

以下の動画では、「スープラ」の過激ともいえるエキゾーストサウンドを確認することができますが、これが意外にも良い重低音でまるでモータースポーツ風。
おそらくこれが量産タイプのエキゾーストシステムだと思いますが、これでそのまま市販化してほしいところですね。

結局「スープラ」の詳細はいつ明らかになるの?

エントリーグレードとなる排気量2.0L 直列4気筒ターボンエンジンモデルについては、これはまだまだ噂の段階にあるということで、一体いつになったら「スープラ」の詳細情報が明らかになるのか、ユーザーたちも相当にしびれを切らしている状態ではないかと思います。
なお、新型「スープラ」は今年末までに全面的に改良を施した状態となる量産モデルを公開予定としていますが、これについても本当にパブリックデビューするかも非常に怪しい状態となってきましたね。

【New Toyota Supra makes world debut at FOS】

☆★☆新型「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

トヨタ・新型「スープラ(A90)」の追加ティーザーが公開。エンジンは直6で確定、リヤデザインもレーシングモデルとほぼ共通に(2018/7/9投稿)
今回はさすがに本当?トヨタ・新型「スープラ」がグッドウッド・フェスティバルにて遂に世界デビューか(2018/7/6投稿)
トヨタ「スープラ」の追加情報が公開。コードネームは”J29”、2019年初頭に登場する(2018/6/26投稿)
トヨタ「スープラは86やスバル・BRZの兄弟車種ではない。BMW・Z4とも足回りやソフトウェアも異なる」(2018/6/22投稿)
なぜ今?トヨタ・新型「スープラ」に最上位グレードの”GRMN”が登場することを再度発表(2018/6/19投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう