アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」がグッドウッドにて目立ち放題。他に登場したモデルたちも見てみよう【動画有】

「DBSスーパーレッジェーラ」のために設けられた舞台

イギリス・グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018にて、アストンマーティンのハードコアモデル「DBSスーパーレッジェーラ」がフルタイムアタック。
V12モデル「ヴァンキッシュS」の置換えモデルとして設定された全く新しい「DBSスーパーレッジェーラ」ですが、やはり相当に過激なモデルなのかグッドウッドでのスタートダッシュ時に大量のスモークを上げながら加速していく様は圧巻。

後輪駆動モデルならではのケツを振りながらの過激な走行ではありますが、すぐさま車重バランスを安定させ、車体がふらつかないように自動制御をかけているところは特筆すべき点で、「DBSスーパーレッジェーラ」が体勢を立て直してからの時間の短さは惚れ惚れするものがありますし、何よりも自国で開催されたイベントだけあって、どのモデルよりもド派手なパフォーマンスを発揮しているところに更に魅力を感じます。

スポンサーリンク

改めて「DBSスーパーレッジェーラ」の性能を確認

この個体は、フロントやサイド、リヤのアンダースポイラーにカーボンファイバを使用することで72kgの軽量化に成功し、車体重量は1,700kg以下を実現。

パワートレインについては、「DB11」をベースとした排気量5.2L V型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力725ps、最大トルク900Nmを発揮。
駆動方式は後輪駆動(FR)で、トランスミッションは8速ATのみ搭載となります。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.4秒にて到達し、足回りにはアダプティブダンパーや大型カーボンセラミックブレーキを設定することで、強力なブレーキング性能を発揮するとのことで、その効果が今回のグッドウッドにて大いに発揮されているのではないかと思います。

【715bhp Aston Martin DBS Superleggera makes world debut at FOS】

グッドウッドにて登場した車両達も公開

こちらはグッドウッドにて公開走行されたモデルたちをまとめた動画。
以下の通り、相当数のモデルたちが走行していたことがわかります。

【走行車両】
○アウディ「S1」
●アルファロメオ「155DTM/ジュリア・クアドリフォリオ」
○アポロ「IE(Intensa Emozione)」
●アストンマーティン「ヴァルカン/シグネットQ V8/DBSスーパーレッジェーラ/ラピードAMR/ヴァンテージGT3」
○BMW「V12 LMR/M2コンペティション」
●ダッジ「ヴァイパー・ドリフト」
○フォーミュラ1
●フェラーリ「488ピスタ”Piloti Ferrari”/ラ・フェラーリ・アペルタ/FXX K Evo/599XX/FXX/812スーパーファスト」
○フォード「フォードGT/フォーカス RS200」
●ホンダ「Lawnmower」
○ケーニグセグ「アゲーラRS」
●レクサス「LFA」
○ランボルギーニ「ウルス/チェンテナリオ・ロードスター/アヴェンタドールS・ロードスター/ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」
●マツダ「RX7 Quad-Rotary」
○メルセデスベンツ「CLK GTR」
●マセラティ「MC12コルサ/グランツーリズモ・MCストラダーレ/グランカブリオ」
○マクラーレン「P1 GT/F1 GTR/600LT/マクラーレン・セナ/675LT」
●ジャガー「F-Type R GT4」
○日産「GT-R 50 by Italdesign」
●パガーニ「ウアイラ・ロードスター/ゾンダ・バルケッタ」
○ポルシェ「911スピードスター・コンセプト/911GT3RS mk2/911GT2S」
●トヨタ「スープラ」
○フォルクスワーゲン「I.D Rパイクスピーク」

【2018 Goodwood Festival of Speed – BEST of Supercar Madness!】

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう