トヨタ・新型「スープラ(A90)」の追加情報。BMW製4気筒モデルのエンジン出力は262馬力発生

遂にエントリーグレードの情報も明らかに

トヨタの新型2ドアスポーツクーペ「スープラ」の上位グレードには、既に6気筒エンジンが搭載されることが判明していて、エントリーモデルには4気筒ターボエンジンが搭載されると言われてきましたが、これについては明確な情報はありませんでした。

しかし、今回Road&Trackの情報によれば、ドイツのトランスミッションメーカZFの文書には、「スープラ(A90)」には2つのエンジンオプションがラインナップされていることが明確に判明しており、更に詳細を確認していくと、そのエントリーモデルには、排気量2.0L BMW製B4820直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力262hpを発揮することが明らかとなりました。

スポンサーリンク


改めて上位グレード(GRMN)は、排気量3.0L BMW製B58B30直列6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力335hpを発揮することが確定しています。
なお、いずれのエンジングレードもトランスミッションは8速DCTであることも確定している模様。

エンジン以外については、レクサスのFスポーツモデル(GS FやRC F)よりも200~300kg程軽くなるとのことで、更には前後重量配分も50:50と均等に配分化。
これに加えて、新型「スープラ」は軽くてコンパクトである一方で、ホイールベースも「86」の2,570mmよりも短くなることがわかっています。

一方で、共同開発中のBMW「Z4ロードスター」のエンジンに関する文書も記載されており、これについては「スープラ」とほぼ同じとなる排気量3.0L 直列6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力375hpを発揮します。

☆★☆新型「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

トヨタが新型「スープラ」についてコメント「ホイールベースは86より短い、レクサス「GS F/RC F」並みのパワーを持つ」(2018/7/16投稿)
トヨタ・新型「スープラ」のインテリアをキャッチ。シフトノブはまさかのBMWデザイン、ほぼほぼこれで決定?(2018/7/13投稿)
えっ、そのまま?トヨタ・新型「スープラ(A90)」がカモフラージュデザインのままグッドウッドにてデビュー【動画有】(2018/7/13投稿)
トヨタ・新型「スープラ(A90)」の追加ティーザーが公開。エンジンは直6で確定、リヤデザインもレーシングモデルとほぼ共通に(2018/7/9投稿)
今回はさすがに本当?トヨタ・新型「スープラ」がグッドウッド・フェスティバルにて遂に世界デビューか(2018/7/6投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう