ブガッティ「ディーヴォ」らしき開発車両がニュルブルクリンクにてテスト中。「シロン」とは全く別物になる?

早くも開発車両が登場。リヤデザインは…?

来月8月24日に開催するアメリカ・カリフォルニアのThe Quail A Motorsports Gatheringにて、ブガッティのハードコアモデル「シロン・ディーヴォ」が世界デビューすると発表されましたが、今回そのモデルと思わしき開発車両をドイツ・ニュルブルクリンクにてキャッチされています。

開発車両のデザインを見る限りでは、「シロン」とは明らかに異なるリヤテールランプやリヤディフューザー、リヤバンパーが設けられていることが確認できますね。


スポンサーリンク

あくまでも「シロン」はベース。デザイン等は「シロン」と全く別物?

実際、ブガッティもこの個体が登場するのは「シロン」→「シロン・スポーツ」→「ディーヴォ」という流れになるため、一つの可能性としては”シロンとは全く別物として限定販売”する可能性が高いとも説明しています。

今回キャッチされている「ディーヴォ」ですが、ブガッティの説明によれば”軽くて、巨大なダウンフォースとGフォースを誇る”と述べており、あくまでも直線重視の個体ではなく、コーナリングを重視としたハイパースポーツとして生まれ変わることを強調。

フロントデザインについては、まだ開発段階にあるので「シロン」のデザインをそのまま取り込んでいますが、実際には全く新しいデザイン言語を投入するとのことで、私たちが想像するデザインとはまたかけ離れたものになるのかもしれません。

それ以外の情報としては、生産台数は僅か40台と非常に少なく、車両本体価格も約6.4億円と、「シロン・スポーツ」の約3.4億円よりも2倍近い価格帯にまで跳ね上がることから、車体重量の大幅な軽量化はもちろんのこと、パワーチューニングも施されるのではないかと考えられています。

☆★☆「シロン」限定関連記事5選はコチラ!☆★☆

ブガッティ「シロン」のハードコアモデル”Divo(ディーヴォ)”がいきなり登場。世界限定100台以下、価格は6.4億円?!(2018/7/5投稿)
ブガッティ「シロン・スポーツ」?謎の開発車両がニュルにてテスト走行を実施【動画有】(2018/6/23投稿)
ブガッティの最新モデル「シロン・スポーツ」が遂に公開。性能変わらず、操作性が大幅に向上(2018/3/6投稿)
【価格不明】パルミジャーニがブガッティ「シロン・スポーツ」よりインスパイアされた腕時計を発売(2018/3/26投稿)
ブガッティCEOが衝撃発言「最高時速が優先事項ではない」→何を目指すの?(2018/4/1投稿)

Reference:autoevolutioin

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう