ランボルギーニ「ウラカン」が帝王・マクラーレン「720S」にリベンジマッチ→ハンディ貰うも惨敗【動画有】

「ウラカン」リベンジに燃える

以前、ランボルギーニのエントリーモデル「ウラカン」が、ドラッグレースの帝王・マクラーレン「720S」とのドラッグレースバトルに挑みケチョンケチョンにやられてしまいましたが、今回はちょっとしたハンディを頂いてのリベンジマッチ。


そのハンディとは、ランボルギーニ「ウラカン」が先にスタートダッシュを切ってから、その直後に追従するような形でマクラーレン「720S」がスタートを切るというもの。

「ウラカン」からすれば、プライドを捨ててでも勝ちに行くスタイルではありますが、一体どのような結果になるのでしょうか?

スポンサーリンク

早速、各車両のスペックを見てみよう

【ランボルギーニ「ウラカン」】
エンジン:排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジン
最高出力/最大トルク:610ps/560Nm
トランスミッション:7速デュアルクラッチトランスミッション
0-100km/h加速時間:3.2秒
車体重量:1,422kg

【マクラーレン「720S」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン
最高出力/最大トルク:720ps/770Nm
トランスミッション:7速デュアルクラッチトランスミッション
0-100km/h加速時間:2.9秒
車体重量:1,403kg

ハンディキャップバトル!・・・ちょ、「720S」待って・・・

ハンディを与えてのゼロヨン(400m)レースとはいえ、この僅かなスタート差が命運を分けるのですが、それでも驚異的な加速力をみせる「720S」。
「ウラカンはずっとスピード緩めてるの?」と言わんばかりに「720S」の後半の伸びは爆発的で、空力特性に優れた「720S」だからこそできる業なのではないかと思います。
それにしても「720S」速過ぎて、本当に市販モデル&カスタムチューニング無しのモデルが現れるのか気になるところ。
ブガッティ「シロン」やポルシェ「918スパイダー」でも勝てないわけですから、あとはケーニグセグ「アゲーラRS/レゲーラ」か「マクラーレン・セナ」といったところでしょうか?

【AWD vs RWD Supercar Battle – McLaren 720S vs Lamborghini Huracan Drag Racing】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

やっぱり帝王は帝王だった。マクラーレン「720S」とテスラ「モデルS P100D」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/7/12投稿)
夢のV12NAバトル実現。フェラーリ「812スーパーファスト」vsランボルギーニ「アヴェンタドールS」のドラッグレースバトル【動画有】(2018/6/30投稿)
1,500馬力チューンの日産「GT-R」と純正1,500馬力のブガッティ「シロン」がドラッグレース他【動画有】(2018/6/5投稿)
ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」と日産「GT-R」がドラッグレース→「GT-R Nismo」ガッツリ出遅れで勝負にならず【動画有】(2018/4/19投稿)
意外にも実現しなかった組合せ。日産「GT-R」とホンダ「NSX」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/2/17投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう