フェラーリが衝撃的な特許ファイルを申請。4気筒+電動ターボチャージャーのハイブリッドエンジン?

フェラーリが衝撃的なハイブリッドエンジンのパテントファイルを申請

排ガス規制対策に向けて、フェラーリが欧州特許庁に対して中々に興味深いパテントファイルを出願しました。
同庁によれば、フェラーリは内燃機関によって駆動されるタービンを排気ダクトに設けたターボシステムを設計したが、タービンホイールが圧縮機と機械的にコネクトされておらず、その代わりにタービンが作り出すエネルギーは発電機によって蓄えられ、車輪を駆動する電気駆動モータに電力を供給するとともに、より多くの空気をエンジンに送り、電気的にアシストされる圧縮機に電力を供給するのだとか。

スポンサーリンク

何よりも気になるのはダウンサイジング化されたエンジン

そして、今回最も興味深い部分として、上のパテント図にもある通り、フェラーリの新しいターボシステムとして4気筒ターボエンジンが取り付けられていること。
フェラーリは、実際にハイブリッド型の4気筒ターボエンジンの計画を進めているか、”あくまで一例として”4気筒ターボエンジンを描いているだけなのかもしれません。

いずれにしても、フェラーリが実際に新しい4気筒エンジンを開発しているのであれば、長い間噂されていた「ディーノ」の後継モデル、もしくはアルファロメオやマセラティに採用される新たなパワートレインになる可能性もありそうです。

なお、パテント自体に関しては、ターボラグを解消する明確な利点を除けば、フェラーリはタービンホイールを排気ダクトに設ける技術がエンジン音を向上させると考えられています。
その一方で、排気バルブと同様に作用するトーンの差異が、より大きい特定のエンジン速度にて排気音を調整するために、タービンホイールの速度を細かく調整できるとも主張していますが、フェラーリ特有の甲高い”あの”エキゾーストサウンドを聞くことは出来なさそうです。

★☆★フェラーリ・ハイブリッド関連記事5選はコチラ!★☆★

フェラーリの5カ年計画に電気自動車は含まれず。ハイブリッドは来年デビュー予定(2018/4/25投稿)
フェラーリ「488」にハイブリッドモデル?来年にはデビュー予定も【動画有】(2018/3/29投稿)
遂に来た。フェラーリが2019年に初のV8ハイブリッドSUVモデルを導入へ(2018/3/12投稿)
早くも登場?フェラーリ「812スーパーファスト」の新グレードはハイブリッドモデル?【動画有】(2017/6/21投稿)
フェラーリCEOが本気だ。「2019年から全てのラインナップをハイブリッド化する」(2016/11/12投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう