アストンマーティン「ヴァンテージS」と思わしき開発車両をキャッチ。クワッドエキゾースト&ブレーキをアップグレードへ

新型「ヴァンテージ」か遂にハイパフォーマンスモデル?

アストンマーティンが昨年の秋頃に再設計を施した「ヴァンテージ」を発表し、その後「ヴァンテージGT3/ヴァンテージGT4」といったハードコア(レーシング)モデルを発表することで徐々にラインナップを拡大していますが、今回は更にパワーアップを追求した公道仕様モデルとなる「ヴァンテージS」の開発車両をキャッチ。

今回目撃されている開発車両の「ヴァンテージS」は、従来「ヴァンテージ」に比べて大きな外観の変更はありませんが、リヤエキゾーストシステムにおいてはド派手な両サイド2本だしとなるクワッドエキゾーストシステムをインストールしています。

スポンサーリンク

外観以外は大幅な改良が施される?

エキゾーストシステム以外においては、フロントディスクがより一層大口径化していることからクロスドリルローターを使用したアップグレード式のブレーキシステムを採用する可能性が高そうです(確定的なものではないですが…)。

スタイリングについては、非常に警備ではありますが、初期のプロトタイプモデルに比べるとフロントバンパーやサイドスカート、ブラックペイント処理されたシングルスポークタイヤ、新開発の高性能タイヤが設定され、機能性においては、ステアリング比の改良やダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム、リタニング・サスペンション(新作のスプリングとダンパー込)を備えています。

スペックについては、従来の「ヴァンテージ」が排気量4.0L AMG製V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力510ps、最大トルク685Nmを発揮、パフォーマンスとしては0-100km/hの加速時間が3.6秒、最高時速は313km/hにまで到達します。
一方の「ヴァンテージS」は、従来モデルに比べてより強力になることが考えられ、最低でもエンジン出力は+10ps、最大トルク+20Nm、車体重量は65kg以上軽量化されることが期待されています。

なお、この新型「ヴァンテージS」は来年にデビューすることが予想されており、年内にも複数のティーザー画像やPV等が公開される可能性が高そうです。

☆★☆アストンマーティン「ヴァンテージ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

やっぱり待ってる人も多かった?来年より、アストンマーティン・新型「ヴァンテージ」にマニュアルトランスミッション導入へ(2018/7/21投稿)
ル・マンにて、アストンマーティン「ヴァンテージGT3/GT4」デビュー。500馬力以上のスーパースポーツ(2018/6/18投稿)
アストンマーティン・新型「ヴァンテージ」が遂に生産開始。今月末には納車体制へ(2018/5/18投稿)
アストンマーティン「V8ヴァンテージ」のマニュアル仕様は2019年4月以降。それまでオートマのみ(2018/4/22投稿)
アストンマーティン「ヴァンテージ」のエントリーモデルにAMG製直列6気筒エンジンがラインナップされる模様(2018/3/10投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう