ACシュニッツァーがBMW「i8ロードスター」を過激カスタム。ボリューム感満載、ハイブリッド感ゼロのスーパースポーツに

ACシュニッツァーがまたまた「i8」を過激カスタム

ドイツ・アーヘンに拠点を置くチューナのACシュニッツァーが、BMWのiブランドモデルでフラッグシップモデルとなる「i8」を過激カスタム。
「i8」は、その近未来的な見た目とドアが上に開くバタフライドアを採用していることから、大排気量エンジン搭載のスーパースポーツといったイメージをもち気味ですが、実際には排気量1.5L 直列3気筒エンジン+電気モータを搭載する超絶エコなハイブリッドスポーツカーとなります。

今回、このハイブリッドスポーツカーにボディキットやアクセサリ、軽量ホイール、サスペンション等の足回り強化を施しています。

スポンサーリンク

今回は”よりスポーツカーらしい”過激カスタム

まず、外観においてはあらゆるポイントにカーボンファイバパーツを装備し、元々ダミー式であったキドニーグリルには、デザインと実用性を兼ね備えたヴァーティカルスプリッターに置き換え、コーナーフィンやフロントカナードを装着したことにより、より一層のボリューム感を追加(ほっぺたが膨らんだ感じ?)。

サイドにおいては、ワイド感を際立たせるためのサイドミラーキャップやサイドスカートを装備。

足元については、フロント8.5j×21インチ、リヤ9.5j×21インチの5スポーク式鍛造アルミホイール(ハイグロスブラック処理)を装着することでダイナミック感を演出しています。
足回りについては、「i8ロードスター」専用に開発されたスプリングキットをインストールすることでフロント20~25mmのローダウンが施されています。

リヤについては、スリットを加えたリヤディフューザーや過激な大型リヤウィングが装着されていますね。全体的にホワイトの割合が非常に多いので、チョコチョコとブラックのアクセントを加えるのは非常にグッド。

インテリアについては、各種トリム部にアクセントを加え、ペダルやフットレスト、iDriveコントローラにアルミを採用し、一層のラグジュアリーを与えるためにべロアフロアマットも追加しています。
パワートレインについては特に変更は施されず、排気量1.5L 直列3気筒自然吸気エンジン+電気モータを搭載することで、最高出力369hpを発揮します。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が4.4秒、最高時速は249km/hにまで到達します。

☆★☆ACシュニッツァー関連記事5選はコチラ!☆★☆

ACシュニッツァーがブラックに身を纏ったBMW「i8」をカスタム。ホイールは激渋ブロンズのHRE(2017/10/10投稿)
ヤバいイケてる。ジュネーブにて、ACシュニッツァー仕様のBMW「i8」を公開(2017/3/14投稿)
中東らしい。BMWアブダビがACシュニッツァー仕様の「i8」を公開(2017/2/18投稿)
BMWアブダビがまたまたカスタム。今度は「M140i」にボディキット装着でスポーティに(2018/6/24投稿)
これは新色?BMWアブダビがアベンチュリンレッドの「M550i」を公開(2018/6/4投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう