1,320馬力発揮のスーパーマッスル…じゃないよ!ダッジがドラッグレース向けの高性能モデル「チャレンジャーR/Tスキャットパック1320」を発表

「チャレンジャー」に新たにドラッグレース向けモデルが登場

既に全ての生産が完了したドラッグレース向けの高性能モデル・ダッジ「チャレンジャー・SRTデーモン」ですが、今回は更に過激ともいえる「チャレンジャーR/Tスキャットパック1320」が発表されました。

この個体は、0.25マイル(ゼロヨン)の距離をフィート(1320)に表現したもので、パワートレインは排気量6.4L HEMI製V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力491ps、最大トルク643Nmを発揮します。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.8秒、0-400mは11.7秒にて到達し、そのときの速度は185km/hにまで到達。
トランスミッションは、クラス専用トランスブレーキを備えた8速オートマチックトランスミッションを設定します。

スポンサーリンク

上記にあるエンジンは、「チャレンジャーR/Tスキャットパック」からキャリーオーバーされており、1320フィートのドラッグレース用に様々なコンポーネントを採用し、更に特別な設計が施されています。
これには、非対称となるリミテッドスリップディファレンシャルや41-スプラインリアアクスルハーフシャフト、最適な発進牽引力のためにリヤへの重量比率を最適化したドラッグモード対応のアダプティブダンピングサスペンションがインストールされています。

機能性においては、ローンチアシストやローンチコントロール&ラインロックが標準装備され、20インチの鍛造アルミホイール専用に特別に開発されたドラッグレース専用のNexen SUR4G Drag Specタイヤが装着されています。
このタイヤは、強力なグリップ性能とリピータブル性を向上させたドラッグレースにて最大限のパワーを発揮するストリート・リーガル・ラジアルタイヤとなります。

ドラッグレース向けなだけあって、運転席以外はオプション

このモデルには、ドラバーズシートのみが付属されていて、僅か1ドルのオプションにて助手席とリヤシートの追加が可能となっています(1ドルならもはや無料でも良いんじゃね?)

新たに”Angry Bee”と呼ばれる専用ロゴやダクト周辺の1320バッジを含む特別なタッチが加えられ、実用性を考慮してデュアルゾーンオートエアコンシステム、キーレスエントリー、パーキングアシスト、8.4インチUconnectインフォテイメントシステムが標準装備されます。

なお、この個体は今年後半に受注を開始予定としていて、車両本体価格は約490万円からとなっています。

☆★☆「チャレンジャー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

0-100km/hは1.93秒。ヘネシーパフォーマンスがダッジ「チャレンジャー・SRTデーモン」を1,000馬力以上に過激チューン【動画有】(2018/7/12投稿)
ダッジ「チャレンジャーSRT・ヘルキャット”レッドアイ”」が遂に登場。スーパーカー顔負けの797馬力発生(2018/6/30投稿)
ダッジ「チャレンジャーSRTデーモン」にVossenホイールを装着。アメ車らしからぬオシャレな足元に(2018/6/24投稿)
そんなパワーで大丈夫か?帝王・マクラーレン「720S」とダッジ「チャレンジャーSRT・デーモン」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/4/30投稿)
中央道にて、ダッジ「チャレンジャー」が”過去最速”の235km/hにて走行して逮捕。日本国内では本当に過去最速なの?【動画有】(2018/3/1投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう