最高出力は300馬力発揮。2019年モデル・プジョー「508」にPHVモデルをラインアップする模様

いよいよプジョーもPHVモデル採用へ?

フランスの自動車メーカ・プジョーの最新モデル「508シリーズ」にプラグインハイブリッド(PHV)モデルが登場するとの噂が浮上しています。

これは自働車ニュースサイト・オートカーからの情報で、来年中ごろを目途に前輪駆動(FF)モデルの排気量1.6L 直列4気筒ターボチャージャー付エンジンとリアアクスルに動力を供給する電気モータを組合わせたプラグインハイブリッドが登場するとの情報が展開されています。

スポンサーリンク

パワートレインとしては、内燃機関のみの最高出力 約200ps、電気モータのシステム出力100psを発揮し、システム総出力にして約300psを発揮する可能性が高いとのこと。
そして、ブートフロアの下にあるリチウムイオンバッテリのみ航続可能距離は50km走行可能とのこと。
トランスミッションとしては、ICE8速オートマチックトランスミッションをフロントアクスルに介するシステムとなっています。

シャシーは、PSAグループ共通の「3008/5008」にも採用されるEMP2プラットフォームを搭載。
この辺りはプジョー・シトロエンの共通要素となっていて、今後もその軸が揺らぐことは無さそうです。

なお、2040年までにガソリンモデルやディーゼルモデルの販売禁止を決定した欧州において、プジョーは、新たな次世代ハッチバックモデル「208GTi」をオールEVモデルに移行する計画も持っていて、来年3月に開催するスイス・ジュネーブモーターショー2019にて公開予定としています。
プラットフォームについても従来のCMPプラットフォームではなく、EVモデル向けのe-CMPデリバティブプラットフォームを採用することが判明しています。

☆★☆プジョー関連記事5選☆★☆

プジョーの次世代「208GTi」はオールエレクトリックモデルとの噂。発表は3月のジュネーブモーターショー2019か(2018/7/7投稿)
プジョーがパリモーターショー2018にて新型コンセプトを発表へ。最新モデル「208」も登場か(2018/5/25投稿)
プジョー「508」にステーションワゴンが登場?10月のパリモーターショーにて公開か(2018/5/3投稿)
こんなモデルも登場していた。まるでブガッティ「ヴェイロン」風のプジョー「4002」【動画有】(2017/11/1投稿)
プジョー「3008」を見積もりしました。総支払額は511万円、リセールを考慮するとかなり不利か(2017/8/3投稿)
プジョー「3008」に試乗。ECY受賞も納得、SUV市場を活性化させるダークホース(2017/7/30投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう