ジープ「グランドチェロキー」にまたもやリコール。更にはフォード「エクスプローラー」も半ドアになる恐れ有?

ジープにまたまたリコール

自動車ニュースサイト・Responseより、ジープ「グランドチェロキー」にリコール。
リコールの内容としては、ブレーキブースターに不具合があるとのことで、ブレーキブースターの防水カバーが適切に取り付けられていないものがあるとのこと。
そのため、ブレーキブースターに雨水がかかり、腐食して負圧が失われ、最悪の場合、制動距離が伸びるおそれがあるとして、リコールを発令。

リコールの対象となるのは、2010年12月18日~2014年1月16日に製造された「グランドチェロキー」のみで、3,445台がリコールとなります。
改善措置については、全車両、ブレーキブースターの防水カバーの取付状態を点検し、不適切な場合は、防水カバーを新品に交換。またブレーキブースターの機能診断を実施し、異常がある場合は新品に交換した上で新品の防水カバーを取り付ける、リコール作業を行う予定となっています(不具合0件・事故0件)。

スポンサーリンク

アメ車らしい残念な半ドアリコール

続いてはフォード「エクスプローラー」の室内ドアハンドルに不具合があるとしてリコールを発令。
リコールの内容としては、室内ドアハンドルのリターンスプリング保持部の強度が不足しているために操作時に保持部が破損し、リターンスプリングが外れ、ハンドルが定位置に戻らないものがあるとのこと。
そのため、ドアラッチがロックせず半ドア状態となり、最悪の場合、側面衝突等の衝撃でドアが開くおそれがあるとしてリコールを発令。

リコールの対象となるのは、2011年2月11日~2012年11月12日に製造された「エクスプローラー」のみで、2,088台がリコールとなります。

改善措置については、全車両、全室内ドアハンドルのリターンスプリング保持部に補強部材を取り付けるとのこと。
また、リターンスプリング保持部が破損している場合は室内ドアハンドルを対策品に交換する、リコール作業を行う予定となっています(不具合0件・事故0件)。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」にリコール。ホイールのセンターロックボルトが緩む恐れ有り?!(201/7/23投稿)
ジープ「グランドチェロキー」等がリコール。オートクルーズで勝手に加速する恐れ有り(2018/7/22投稿)
BMW×ミニに計27車種のリコール発令。クーラントポンプの不具合により火災の恐れ有り(2018/7/13投稿)メルセデスベンツ「C220d/ステーションワゴン」がリコール。排ガス状装置等が停止して保安基準に適合しなくなる恐れ有り(2018/7/9投稿)
メルセデスベンツに110車種17万台超えの大規模リコール発令。意図せずエアバッグが展開する恐れ有り(2018/7/5投稿)
改善対策という名のリコール。トヨタ「ジャパンタクシー」のシフトロック不具合にて勝手に動き出す恐れ有り(2018/7/4投稿)
シトロエン「C4カクタス」にリコール。走行中にボンネットが開くだと?!(2018/7/3投稿)
フェラーリ「458イタリア/カリフォルニア」等がリコール。タカタ製エアバッグに不具合有り(2018/6/29投稿)
ポルシェ「パナメーラ」がリコールで販売中止。リヤアクスルに不具合有り(2018/6/27投稿)
シボレー「コルベットZR1」に早くもリコール。エアバッグが展開せず死亡のリスク上昇(2018/6/23投稿)
ホンダ「S660」とスマート「フォーフォー」にリコール。センサやECU関連に不具合有り(2018/6/21投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう