アストンマーティンの新たな生産工場建設中。SUV専用、2019年後半から生産開始予定

アストンマーティンのSUVモデルもうじき始動

アストンマーティンが、イギリス・ウェールズに新たな生産工場を建設中であることがわかりました。
SUVモデル「ヴァレカイ」を生産するための新工場ということで、3段階のうち2段階目まで建設が完了しているとのこと。
アストンマーティンによれば、SUVモデル「ヴァレカイ」は2019年後半から生産開始を予定していて、2020年頃から徐々にオーナーのもとに納車していく流れとなっています。

スポンサーリンク

アストンマーティンCEOのアンディ・パーマー氏は、取締役会にて初めて会談した際、新工場の進捗状況は非常にスムーズで、今後この工場には新規で150人の従業員を雇い、トータル750人の従業員にて構成されるとのこと。

ところで「ヴァレカイ」って何?

ちなみに、アストンマーティン「ヴァレカイ」は、「DBXコンセプト」に基づいてデザインされていて、世界で最初のゼロエミッション・ラグジュアリーブランドを目指しているとのこと。
更には自律走行技術も備えた先進的技術も備えるスーパースポーツとしての市販化が期待されています。

実用面においても、アストンマーティンの中でも圧倒的な高さを持ち、そして優秀な長距離自動車としてだけでなく、非常に広々とした室内空間と、乗降したユーザーだけが味わえる究極のモデルとなる可能性が高そうです。
※「ヴァレカイ(Varekai)」とは、ロマニー語で「永遠/何処でも」を意味

☆★☆アストンマーティン・SUV関連記事5選はコチラ!☆★☆

アストンマーティンが2ドアSUVクーペの「DBX」を発表。2019年には量産開始だ(2016/12/26投稿)
アストンマーティンのSUVモデル「DBX」の量産は2019年で濃厚?V8ツインターボとの噂も(2017/4/7投稿)
カーペットはシルク仕上げ。アストンマーティンがエレクトリックタイプの「ラゴンダ・ヴィジョン・コンセプト」を公開(2018/3/8投稿)
アストンマーティンの次期クロスオーバーモデルは「Lagonda(ラゴンダ)」ではなく「Varekai(ヴァレカイ)」にて決定。(2018/3/17投稿)
アストンマーティン「ラゴンダ」が方向転換?4ドアセダンからSUVへ転向か(2018/3/28投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう