限定25セットのみ。過激派チューナ・Yenkoがシボレー「コルベット」を1,000馬力チューン

これまた過激な「コルベット」が登場

アメリカの過激派チューナで有名なYenkoが、シボレーの2ドアスポーツクーペ「コルベット・グランスポーツ」を過激カスタム。
Yenkoと言えば、元プロレーシングドライバのDon Yenko氏が所有していたシボレー「カマロ」やフォード「マスタング」、ダッジ「ダート」といった超強力なカスタマイズマッスルカーがありますが、今回その中でもトップクラスのパワーを誇るのが「コルベット・グランスポーツ」となります。

この個体には、空力特性を考慮したサイドパネルやボンネット、ルーフを含むエアロキットがセットアップされ、インテリアもスパルタンにカスタムしているとのこと。

スポンサーリンク

ボディカラーもカラフル

ホイールデザインは、特殊なグラフィック又はグロスブラック仕上げが施され、ボディカラーはフラットブラックやホワイト、ハガーオレンジ、シルバー、レッド、イエロー、グレー、そしてブルー等の多彩なカラーがラインナップされています。

インテリアは、ブラックやグレーのドアパネルやヘッドレスト、ステアリングホイール、シートトリム、Yenkoロゴ付となるキーフォブといったカスタムトリートメントが施されます。

エンジンについては、ニュージャージ州のスペシャリティ・ビークル・エンジニアリングの手によって施された、特注の排気量6.8L V型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載(従来搭載の排気量6.2L V型8気筒エンジンに比べてボア&ストロークをロング化したもの)し、レーシング品質の4340スチールクランクシャフトとHビームロッド、鍛造アルミピストン、ARP高強度ヘッドを備えたCNCポートLT-4シリンダヘッドを設定しています。

エンジン保証付はかなりの安心要素

これにより、エンジンスペックとしてはステージⅠとなる最高出力835hpを発揮し、フルステージⅡでは最高出力1,000hpまでチューンアップすることが可能となります。
トランスミッションは最新の7速マニュアル又はヘビーデューティオートマチックの何れかから選択が可能で、アルミニウム又はブラックのYenkoバッジが添付されるアルミニウムクワッドエキゾーストチップがインストールされます。

この過激カスタムキットは、世界限定25セットのみ販売され、GM正規ディーラ経由での注文も可能となっています。
また、エンジンやコンポーネントを含み、60,000km/3年間のメーカ保証付で、このカスタムキット価格は約760万円からとなっています。

☆★☆シボレー・カスタム関連記事5選はコチラ!☆★☆

シボレー「カマロ」に32インチ履かせてみた。内ドアには27インチの大型ディスプレイ内蔵、ゲームコントローラでルーフ操作も可能だ【動画有】(2018/7/13投稿)
シボレー「コルベットC5」ベースのファクトリーファイブ「GTM」が登場。価格は200万円以下と激安(2018/7/2投稿)
久々登場。キャラウェイカスタムによるシボレー「コルベット・エアロワゴン」がテストドライブ【動画有】(2018/5/29投稿)
1,000馬力のアメリカンマッスル。Yenko(イェンコ)がシボレー「カマロSS 1LE」をベースにカスタム(2018/2/13投稿)
さすがドバイ。まるでオロチのような究極カスタムのシボレー「カマロ」が登場【動画有】(2017/11/20投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう