最強過ぎるぜホンダ「シビック・タイプR」。今度はエストリルサーキットにてラップレコード更新、オンボード映像も公開【動画有】

これで4連続のラップレコード更新だ!

ドイツ・ニュルブルクリンクやフランス・Dircuit de Nevers Magny-Cours、ベルギー・スパ・フランコルシャンサーキット、そしてイギリス・シルバーストーンサーキットと怒涛のラップレコードを更新してきたホンダ「シビック・タイプR」が、今度はポルトガルのエストリル・サーキットでのラップレコードを見事に更新しました。

スポンサーリンク

ドライバに自信を付けさせる最強の一台

今回の記録更新に大きく貢献したのは、ホンダWTCRのドライバも務めるティアゴ・モンテイロ選手で、タイムにして2分01.84秒をマークしました。
このエストリル・サーキットにて重要なポイントは、周回4.2kmのコースに対して、2つのヘアピンと段差のはげしいシケイン、そして長いメインストレートで、これらをマスターしてこそ初めて最速記録を生み出せるとティアゴ・モンテイロ選手。

実際にラップタイムに挑み、「シビック・タイプR」はとても力強く、スムーズで非常に安定感抜群、優れた制動効率と驚くべきエンジンを備えてのドライビングは、ドライバに自信を付けさせてくれる最強のロードカーであるとも絶賛しています。

全制覇まで残るはあと一つ

上記にもある通り、今回のエストリルサーキットでの記録更新は、フランスのマニクールとベルギーのスパ・フランコルシャン、そしてイギリスのシルバーストーンサーキットに続いて「シビック・タイプR」チャレンジ2018キャンペーンとして四弾目。
前輪駆動モデル最速記録をどんどん更新し続けています。
次回はいよいよ、元F1チャンピオンのジェンソン・バトン選手による、ハンガロリングサーキットでの最後の挑戦ということで、多くの注目が集められています。

【Honda Civic Type R sets front-wheel-drive production car record at Estoril track】

☆★☆「シビック・タイプR」関連記事4選はコチラ!☆★☆

ホンダ「シビック・タイプR」が快進撃。今度はシルバーストーンにてラップレコード更新(2018/7/2投稿)
ホンダ「シビック・タイプR」がスパ・フランコルシャンにてFFモデルのラップレコード更新。次の3コースも更新予定(2018/6/19投稿)
ホンダ「シビック・タイプR」が新たなるFF最速記録。前モデルよりも5秒短縮【動画有】(2018/5/15投稿)
やはり期待を裏切らない。ホンダの新型「シビック・タイプR」がニュルにて再びFF最速記録を樹立。前モデルよりも7秒短縮(2017/4/24投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう