ミドシップエンジン・シボレー「コルベットC8」の開発車両をまたまたキャッチ。今度はZR1とコラボ【動画有】

スタイリングとホイールはほぼ決定?

2020年モデルとして登場予定の最新ミドシップエンジンモデル・シボレー「コルベットC8」ですが、これまで幾度か開発車両がキャッチされており、今回は同社ハードコアモデル「コルベットZR1」とコラボで目撃されています。

スポンサーリンク

アメリカ・コロラド州にてキャッチされている「コルベットC8」は、まだまだカモフラージュは分厚めで具体的なスタイリングを確認することはできませんが、リヤ部がこんもりと盛り上がり、フロントノーズは短めの”コルベットらしくない”スーパーカー風。
足元のアルミホイールは、2ピースナット式の5スポークホイールにも見えますが、このホイールが標準採用されれば更に垢抜けた「コルベット」になりそう(ってかカッコいいんですけどこのホイール)。

リヤエキゾーストは、両サイド2本だしのクワッドエキゾーストシステムをインストールし、リヤウィンカーはオレンジではなくレッド系のウィンカーが点滅します。

フロントエンドもまだまだカモフラージュ分厚めで、全くデザイン性を確認することはできませんが、フロントLEDヘッドライトを標準的に装備したくさび形デザインのフロントフェイス、非常にコンパクトで滑らかなルーフラインが印象的。

エンジンは3種類?やっぱハイブリッドもラインナップ?

気になるエンジンについては、様々な噂が浮上中。
一つは、ベースモデルとなる排気量6.2L LT1製V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力507psを発揮。
車両重量はC7よりも90kg以上重くなるといわれていますが、8速DCT搭載により加速性は向上する可能性が高いとのこと。

もう一つは、排気量5.5L フラットプレーンクランクを採用するV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力608psを発揮。

そして最後は、V型8気筒ツインターボエンジンに加えて、フロントに電気モータを搭載するハイブリッドモデルで、駆動方式は四輪駆動、システム総出力は驚異の1,013psを発揮する可能性が高いとのこと。

【SPOTTED: c8 mid engine corvette and c7 zr1 text miles in Leadville Colorado】

☆★☆「コルベットC8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

シボレー「コルベットC8」のウィンカーはレッドで決定?その点滅方法も動画にて公開【動画有】(2018/5/16投稿)
やっぱフェラーリ「488GTB」。シボレーのミドシップスーパースポーツ「コルベットC8」の予想レンダリングが公開(2018/4/19投稿)
シボレー「コルベットC8」はスーパーカーに部類?フロントデザインはZR1に近い模様(2018/4/5投稿)
シボレー「コルベットC5」のドライバが新型「コルベットC8」をキャッチ。少しずつその姿明らかに【動画有】(2018/2/16投稿)
シボレーのミドシップスポーツ「コルベットC8」が寒冷地テストを実施。発表は年内ギリギリ?(2018/2/13投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう