一体いつになったら公開される?またまたカモフラージュされたトヨタ「スープラ」の開発車両が登場【動画有】

悪い意味で期待を裏切り続けるトヨタ・新型「スープラ」

先日、イギリス・グッドウッド・フェスティバル2018にて登場したトヨタの最新モデル「スープラ」でしたが、まさかのプロトタイプモデルとして登場したために、ボディデザインは開発車両と変わらずのカモフラージュデザインであったことから、”量産モデルが見れる!”と期待していたユーザーも多かっただけにほとぼり熱が冷めた状態。

スポンサーリンク

今回も、またまたドイツ・ニュルブルクリンクにて前々から見られるカモフラージュデザインにてキャッチされていますが、ここまで来ると「本当に市販化されるのか?」と疑ってしまう程。

とりあえず今回はニュルブルクリンク近くのガソリンスタンドと、ニュルブルクリンクサーキットでのテスト走行動画がまとめて公開されていますが、これまで明らかになった情報をもとにまとめてみると、車格はワイド&ローになりながらも、ホイールベースはトヨタ「86」よりも短くなり、更にはレクサスの最高峰「LFA」と同等レベルのボディ剛性を持つといわれています(それだけトヨタは「スープラ」にかける想いが相当に強い)。

パワートレインは直4と直6の2種類

パワートレインは2種類ラインナップ予定で、一つはベースグレードとなる排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジン(最高出力262hp、ZF8速DCT)、もう一つのトップレンジは排気量3.0L 直列6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、レクサスのFシリーズと同等の出力を発揮するといわれています(エンジンはBMWより供給)。

なお、「スープラ」の車格は”非常に軽くコンパクト”であるとして、車体重量は1,496kg、前後重量比は50:50と優れたスペックを持ちます。

デビュー時期は来年早々と言われていますが、グッドウッドにてあるまじきプロトタイプを出展したということを考えると、その信ぴょう性は限りなく低い状態。
本当に来年登場するかもわからない状況ではありますが、この辺りは首を長くして待っていた方が良さそうですね

【2019 TOYOTA SUPRA SPIED TESTING AT THE NÜRBURGRING】

☆★☆新型「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

トヨタ・新型「スープラ(A90)」の追加情報。BMW製4気筒モデルのエンジン出力は262馬力発生(2018/7/18投稿)
トヨタが新型「スープラ」についてコメント「ホイールベースは86より短い、レクサス「GS F/RC F」並みのパワーを持つ」(2018/7/16投稿)
トヨタ・新型「スープラ」のインテリアをキャッチ。シフトノブはまさかのBMWデザイン、ほぼほぼこれで決定?(2018/7/13投稿)
えっ、そのまま?トヨタ・新型「スープラ(A90)」がカモフラージュデザインのままグッドウッドにてデビュー【動画有】(2018/7/13投稿)
トヨタ・新型「スープラ(A90)」の追加ティーザーが公開。エンジンは直6で確定、リヤデザインもレーシングモデルとほぼ共通に(2018/7/9投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう