ホイールだけで130万円!ABTスポーツラインが、カーボンファイバを使用したリミテッド・エアロホイールを公開

カーボンファイバを採用した特殊なホイールが登場

主にアウディのカスタムを手掛けるチューナーのABT(アプト)スポーツラインが、アウディのハイパフォーマンスモデル「RSシリーズ」をイメージしたオリジナルホイール「リミテッド・エアロホイール」を公開しました。

スポンサーリンク

このホイールは、スイス・ジュネーブモーターショー2018でも出展した特別なホイールで、高度なカスタムを手掛けるジョン・オルソン氏の依頼によって生み出されたクレイジープロジェクトモデルの一つ。
以前同氏が公開した「RS6+アヴァント」のカスタムモデルにも装着されていたものをベースに、ゴールドリムを加味した合金ホイールと空力特性&車体重量を考慮したフォーミュラEでも見受けられるカーボンファイバ製エアロリングを装着しています。

カーボン使ってるから…お高いんでしょ~?

パッと見では何とも違和感のあるデザインですが、ゴールドリム(恐らく鍛造を採用)とカーボンファイバエアロリングを装着していることから、相当な価格帯であることは容易に想像がつくかと思います。
なお、この特別にカスタムされたホイールは、1本当たり約130万とのことで、4本セットで約520万円にまで上るとのこと。

最近新たに販売されたトヨタ・新型「クラウン」はもちろんのこと、メルセデスベンツやBMW、アウディの中間グレードを購入できてしまう程。
今後市販化さえれるかについては一切不明となっていますが、ジョン・オルソン氏によれば、同氏が依頼したアウディの「RSシリーズ」のカスタムモデルには積極的に取り入れていきたいとのことですから、同氏のみが主に購入していきそうです。

☆★☆ジョン・オルソン氏関連記事4選はコチラ!☆★☆

ジョン・オルソン氏カスタムのロールスロイス「レイス」が販売中。価格や約3,500万円から(2018/6/13投稿)
ジョン・オルソン氏がアウディ「RS6」をワイドボディ化&DTMレースカー風にカスタム。足回りもエキゾーストも全て極上品のクレイジー仕様に(2018/6/2投稿)
まさに二面相。ジョン・オルソン氏がツートンデザインのアウディ「RS6+アヴァント」をカスタム【動画有】(2018/2/24投稿)
フランスにて、ジョン・オルソン氏がデザインしたランボルギーニ「ウラカンLP610-4」が目撃される(2017/2/5投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう