レクサス・新型「RC」情報追加。最新インフォテイメントシステムや最新ドライバサポートシステムも追加予定

フェイスリフト版「RC」に新たな情報が

以前、レクサス・2ドアスポーツクーペ「RC/RC F」のフェイスリフト版と思われる開発車両がキャッチされていましたが、この個体に関する新たな情報が追加。
前回の捕捉情報から何かと話題を呼んでいる「RC」のフロントヘッドライトですが、これについては、従来型をベースに新しく設計したハウジングとユニットに置き換えることで決定しているとのこと。

特に、「RC」の大きな特徴でもあるL字型のデイタイムランニングライトが、フロントヘッドライトと独立していたものが、「RX」のように一体型になる可能性も浮上しており、更にはウィンカーも点滅式からシーケンシャルウィンカーへと移行する可能性が高いと言われています(シーケンシャルはいずれ前モデルに適用されることを考えると大歓迎)。

スポンサーリンク

リヤデザインはやはり「LC」がベースに?

リヤデザインも同様で、新たなライティングシグネチャーとバンパーデザインにより、フラッグシップクーペの「LC」により近づいたデザインへと移行すると予想。

特にリヤテールランプは、「LC」の大きな特徴でもある合わせ鏡のような独自性と個性を引き出したデザインになるのかもしれません。

インテリアも大幅に変更されるかも?

インテリアについては、新しいインストルパネルに加えて、シートカラーも追加されるみたいですし、コネクティビティオプションを備えた最新インフォテイメントシステムとレクサスの最新運転サポートシステムも追加する予定で、これは年内登場予定の「ES/UX」にも搭載されるサポート技術”以外”のものも含まれているとのこと(具体的には不明ですが気になる…)。

パワートレインについてはまだまだ不明な点は多いですが、従来通り3種類のエンジンがラインナップされると予想。
一つはベースモデルでもある排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジン(最高出力241hp)搭載の「RC300」、二つ目は排気量3.5L V型6気筒自然吸気エンジン搭載の「RC350」、そして三つ目が排気量2.5L 直列4気筒自然吸気エンジン+電気モータのハイブリッドエンジン(最高出力220hp)搭載の「RC300h」になると考えられます。

発表時期は10月のパリモーターショー2018が濃厚ですが、このタイミングに間に合わなければ、2018年末頃に公開される可能性がありそうです。

☆★☆「RC F」関連記事5選はコチラ!☆★☆

レクサス「RC F/GS F」の特別仕様車”10th Anniversary Edition”がアメリカに発売開始。既にプレミア価値も?(2018/6/6投稿)
レクサス「GSF」が一部改良へ。ブラインドスポットモニターが標準装備、「LC/RC F」にも採用のネープルスイエローもラインナップ化【動画有】(2018/5/11投稿)
レクサス「RC F SPORT」にブラックエディションが登場。北米市場拡大も視野に(2018/3/14投稿)
レクサス「RC/RC F」が一部改良へ。ナビは10.3インチ拡大へ、特別仕様車も登場だ(2017/11/30投稿)
やはり本当だった。レクサスの次期「RC F」が5L V8NAから4L V8ツインターボへアップデート(2017/9/13投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう