もはや戦意喪失。ドノーマル仕様のマクラーレン「720S」vs750馬力仕様の日産「GT-R」がドラッグレースバトル→「GT-R」惨敗【動画有】

ノーマルでは勝てない帝王の力

先日、シボレーのハードコアモデル「コルベットZR1」やランボルギーニ「ウラカン」を圧倒したドラッグレースの帝王・マクラーレン「720S」が、今度はエンジン出力750psまでチューンアップした日産「GT-R」とドラッグレースバトル。
もはやノーマル仕様では帝王に太刀打ちできないところまで来たドラッグレース企画ですが、仮に馬力を挙げたとしてもそう簡単に打ち負かすことができないのが帝王の優れたスペック。

今回はどこまで「GT-R」が「720S」を追い詰めることができるのか非常に見ものとなっています。

スポンサーリンク

早速各車輌のスペックを見てみよう

【日産「GT-R」チューニングモデル】
エンジン:排気量3.8L V型6気筒ツインターボエンジン
最高出力/最大トルク:750ps/-Nm
トランスミッション:6速デュアルクラッチトランスミッション
0-100km/h加速時間:2.9秒
車体重量:1,724kg

【マクラーレン「720S」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン
最高出力/最大トルク:720ps/770Nm
トランスミッション:7速デュアルクラッチトランスミッション
0-100km/h加速時間:2.9秒
車体重量:1,403kg

毎度のことながら、どんなに最高出力が「720S」より優れていても、加速性能や車体重量、駆動方式、トラクションコントロールといったトータルバランスにおいて、圧倒的なスキルの高さでライバルを圧倒していく定番レースとなっています。
過去に日産「GT-R」は、「720S」と4度のドラッグレースバトルを行っており、4度目の正直で1,250psまでチューンアップし、何とか勝利した経験を持ちますが、反対に言えば、そこまで過激に馬力を上げないと勝つことは不可能であることの証明と、スペックの低さを露呈してしまったバトルでもありました。

勝つ気はある!だけど…

馬力を上げたことで、勝利する意欲と気力があることは伝わってくる「GT-R」。
お互いのパワーを存分に発揮できるローリング・スタート方式でバトルを繰り広げても、圧倒的な差を開いて「720S」が勝利するという結果に。
「GT-R」の戦意喪失感は半端ないですが、冗談抜きで「720S」を圧倒できる個体が今後登場するのかとても気になるところです。

【Godzilla calls out 720S – Full Bolt on E85 2017 Nissan GT-R vs McLaren 720S 40-160 MPH Roll Racing】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

帝王に敗れしランボルギーニ「ウラカン」vsシボレー「コルベットZR1」がドラッグレースバトル。果たして勝つのは?【動画有】(2018/7/27投稿)
1,166馬力までチューンしたダッジ「チャレンジャーSRTヘルキャット」と帝王・マクラーレン「720S」がドラッグレースバトル。運命の勝敗はいかに?【動画有】(2018/7/26投稿)
ランボルギーニ「ウラカン」が帝王・マクラーレン「720S」にリベンジマッチ→ハンディ貰うも惨敗【動画有】(2018/7/19投稿)
やっぱり帝王は帝王だった。マクラーレン「720S」とテスラ「モデルS P100D」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/7/12投稿)
夢のV12NAバトル実現。フェラーリ「812スーパーファスト」vsランボルギーニ「アヴェンタドールS」のドラッグレースバトル【動画有】(2018/6/30投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう