アポロ「IE」には過激オプション有り?1,000馬力&11,000rpmまで引上げるクレイジーオプションが存在する模様

全てがクレイジーな「IE」に隠された秘密とは?

アポロ・オートモービルの最新ハードコアモデル「IE(Intensa Emozione)」といえば、世界限定10台のみ生産され、車両本体価格は約2.9億円、カーボンファイバ製バスタブシャシー、GT1レースカー由来となるカーボンパーツ(フロントサブフレームやリヤサブフレーム含む)やクレイジー且つシャープなボディラインを持つ過激モデル。

スポンサーリンク

フェラーリエンジンを更に強化するクレイジーオプション

そして、カーボンをここぞとばかりに使用することで車体重量は1,250kgにまで軽量化され、搭載エンジンも厳しい排ガス規制やハイブリッド化が推進されている中、「IE」は真逆とも言うべき排気量6.3L フェラーリ製V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力780ps/760Nmを発揮します(スーパーカーコレクターからしたら涎が出る程に魅力的な一台)。

そんな全てが過激ともいえる「IE」に対して、アポロ・オートモービルは同車特別オプションとなるエンジンチューニングを施すことが可能であると説明。
具体的には、元々搭載されるV12NAエンジンはそのままに、ECUセットアップ等によって最高出力780ps→1,000ps、回転数を9,000rpm→11,000rpmにまで一気に引き上げるというもの。

エンジン性能向上→その分メンテナンス頻度も飛躍的にアップ

エンジン回転数をここまで過度に引き上げている車両といえば、排気量1.6L V型6気筒ツインターボのF1エンジン+高効率型ハイブリッドを搭載するメルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」ぐらいで、同車のレブリミットは11,000rpm、最大14,500rpmのとんでもなく高い高回転型となっているため、これに近いレベルのものを採用することになります(しかもアイドリング時では4,000rpm)。

ただし、このオプションはあくまでもエンジンのチューニングに特化したものになるため、トランスミッションは変わらずの6速シーケンシャルトランスミッションで、本質的な技術はメルセデスベンツAMG「CLK GTR」からの引継ぎとなります。
そして、このエンジンオプションを選択すれば、上記「プロジェクト・ワン」同様に5万km走行(もしくはそれよりも更に早く)した後にエンジンメンテナンスを実施する必要性が生じるかもしれないため、ある意味手のかかるジャジャ馬になるかもしれません。

【Apollo IE: The Engineering Behind This £2M Hypercar – Carfection +】

☆★☆アポロ「IE」関連記事5選はコチラ!☆★☆

アポロが他社スーパーカーを批判「どの車も運転が楽過ぎだ。IEは運転が難しくスキルが必要。怖くて楽しい車を作ることが私達の仕事だ」(2018/7/12投稿)
アポロ「IE」を洗車する動画。まずは洗車スペースに向かうために敷板が必須だった件【動画有】(2018/6/21投稿)
世界限定10台のみ販売のアポロ「IE」が最終仕上げのためHWA AGと提携を発表。HWAはあのモデルも手掛けていた!(2018/6/13投稿)
アポロの新型モデル「IE(Intensa Emozione)」を遂に初公開。最高出力780馬力、0-100km/hの加速時間は2.7秒(2017/12/16投稿)
アポロ「IE」がジュネーブの街中を走る。特殊なエンジン始動法もご紹介【動画有】(2018/3/8投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう