メルセデスベンツAMG「A35」が10月のパリモーターショーにてデビュー。「A45S」も登場?

メルセデスベンツのハイパフォーマンスブランドでエントリーモデルに位置する新型「A35」が、10月より開催のパリモーターショー2018にて世界初公開されることがわかりました。

元々AMG「A35」と名付けられたエントリーモデルは、同社マーケティング・コミュニケーション担当シニアマネージャーのドミニク・グエルエル氏によれば、「A35は間違いなくパリモーターショーにて登場する!間違いない!」と言い切っていたものの、公式的な発表でもなかったので、そこまでの信ぴょう性は高くありませんでした。

スポンサーリンク

ですが、この度正式に「A35」の出展が明らかとなった今では、ドミニク・グエルエル氏も「ほら見たことか!」と終始ドヤ顔。
AMGの情報を知るシニアマネージャーですから、そこまでドヤ顔する必要は特にないと思いますが、とりあえず登場することは確実みたいですね。

さて、そんなエントリーモデル「A35」の気になるスペックについてでが、これは競合モデルとなるアウディ「S3スポーツバック」に匹敵する排気量2.0L 直列4気筒EQブースト技術を搭載することで、最高出力299ps/最大トルク400Nmを発揮します(あと1ps粘ってほしかった!)。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が5秒以上、最高時速は250km/hと予想されています。

「A45/A45S?」の存在も?

更に上位モデルとなる「A45」は今回のパリモーターショーでの登場は予定しませんが、こちらについては、アウディ「RS3スポーツバック」を競合とし、最高出力400psを発揮するハイパワーモデルで、パフォーマンスとしては0-100km/hの加速時間が4.2秒になると予想されます。

AMGは「A45」の更に上を行く「A45S」(またはA50?)と呼ばれる最上位グレードを準備しているとの情報もありますが、あくまでもトラックに焦点を当てたハードコアモデルになるといわれています。
予想される変更項目としてはステアリングホイール・マウント・ドライブ・モード・セレクターや改良された空力特性、調整されたESP、トラクションコントロール、ドライブ・モード等が挙げられます。

なお、「A35」の受注予定は2019年初めになると予想され、それ以外の「A45/A45S?」は2019年後半に発売されると思われます。

☆★☆メルセデスベンツ「Aクラス」関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう