フィリピン大統領、不正輸入された総額約5.5億円のスポーツカー達を一挙に公開処刑

またまた始まってしまったフィリピン大統領劇場

過激な発言やパフォーマンスで有名なフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が、マフィアへの厳しい取り締まりを続ける中、某国から税関から不正輸入される予定であった高級車68台以上(総額にして約5.5億円)を押収し、視察に訪れた同氏が、開口一番に「公開処刑だ、潰せ!」と大型ショベルカーやブルドーザーにて破壊するショーを開いた模様。

スポンサーリンク

スーパーカーやスポーツカーまで次々と…

フィリピンへ車両を輸入する際、高い関税を支払うことを避けるために行ったこの行為ですが、やはり過激なパフォーマンスを好む同氏であれば、そんなこと朝飯前といったところでしょうか。
今回は動画も公開しますが、実際にはわざわざネットニュースを使って全世界へと発信するほどの異常っぷりを発揮しています。

今回スクラップの被害を受ける車両は、ランボルギーニ「ガヤルド」やポルシェ「911ターボ」、日産「フェアレディZ」といったスーパーカー/スポーツカーばかりで、高額で有ろうと何だろう一切容赦なく押しつぶしていきます。

本来であれば、フィリピンでは、こういった不正輸入された車両はすぐさまオークションにかけられる流れが常だったのですが、やはり大統領が変わってからは対応も極端に厳しくなり、今後も不正輸入車両が押収された時点で即刻公開処刑していく姿勢を取ると考えられます。

車やバイクに罪はないのに…

2輪モーターサイクルも容赦なく破壊されていますね…車やバイク達に何も罪は無いのに、大人たちの身勝手な行為により破壊されていく姿を見るのはかなり苦しいですね。

【President Duterte looks on as luxury cars get destroyed – Daily Mail】

☆★☆関連記事2選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう