やっぱグリルデカ過ぎ!BMW「X7(G07)」のパテント画像が遂に公開、世界初公開はLAオートショー2018?

遂に「X7」のパテント画像も公開に

8月末に世界初公開することが分かっているBMWとトヨタの共同開発モデル「Z4」のパテント画像がリークしていましたが、今回は同社フラッグシップSUVモデル「X7」と思われるパテント画像が公開されています。
今回公開されている画像は、全て外観のみとなっていますが、インテリアについては過去に幾度か開発車両をキャッチ時に合わせて確認されていますね。

スポンサーリンク

「X7」の車格やパワートレインは?

コードナンバー”G07”として登録されている「X7」は、従来「7シリーズ」のCLARビークルアーキテクチャをベースとしており、最新技術を備えた3列シート7人乗りのフルサイズSUVとなります。

外観のデザインとしては、「コンセプトX7iPerformance」からインスピレーションを受けており、量産モデルとなる「X7」は、角を取った滑らかなボディラインを描き、超大型ともいえるキドニーグリルは、「7シリーズ」のライフサイクルインパルスを共有していますね。

車格としては、全長約5,010mm、ホイールベースは3,010mmになると予想され、高級感はもちろんのこと、居住性も「X3/X5」に比べて大幅に向上します。

パワートレインについては、新開発となる排気量3.0Lのクワッドターボチャージャー搭載のディーゼルエンジンモデル「M50d」がラインアップ予定となっていて、その他には排気量3.0Lターボエンジン搭載の「xDrive40i」や排気量4.4Lターボエンジン搭載の「M50i」があり、いずれもトランスミッションはZF8速ATのみをラインナップ。
オプション装備としては、アダプティブサスペンションやオールホイールステアリング、安全システムといったオプションが準備されています。

なお、「X7」の量産モデルの発表時期は、今年11月~12月に開催するロサンゼルスオートショー2018に登場する予定となっています。

☆★☆関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう