既に画像も流出中。トップギアがランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」のレビュー動画解禁【動画有】

早くも「アヴェンタドールSVJ」のレビュー動画解禁

ランボルギーニの最終ハードコアモデルで、ニュルブルクリンクにて市販車最速記録となるポルシェ「911GT2RS」の6分47.3秒をあっさりとクリアし、更には正真正銘の公道最速モデルとなるマクラーレン「P1 LM」の6分43.22秒の記録も塗り替えていたかもしれない「アヴェンタドールSVJ」。
この個体を、トップギヤが早くもレビューしています。

スポンサーリンク

再度ニュルに挑戦したら・・・

やっぱり悔やんでも悔やみきれないポイントではありますが、「アヴェンタドールSVJ」は、6分44.97秒と驚異的なラップタイムを残すも、ニュルのラスト19km~20km地点にあるDottinger Hoheにて、「P1 LM」が最速記録を生み出した321km/hに対し、「アヴェンタドールSVJ」は更に上を行く332km/hで更新していたことが明らかになっていたため、ストレートの加速性が速過ぎることはもちろんですが、この個体を操作していたMarco Mapelli氏も、その加速の猛威によりアクセルを幾度かOFFにする場面が見受けられたため、更なる限界走行が実現できていたら、間違いなく最速記録を塗り替えることはできていたでしょうね。

気になる「アヴェンタドールSVJ」の機能性は?

「アヴェンタドールSVJ」のパワートレインは、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力770psを発揮する「チェンテナリオ」と同等レベルのハイスペックモデルとなります。
トップギヤ曰く、機能性においてSVJに搭載されるエアロパッケージは非常に素晴らしく、全体的なダウンフォースは40%増加しているとのことで、コーナリング時にはフロントに極度のダウンフォースが発生するとのこと。
SVJは、ほぼ60/40のバックツーフロントを採用していて、これは従来「アヴェンタドール」の80/20よりも優れた数値を持ち、フロントスウェイバーは50%改善し、ダンパー速度は15%向上しているとのこと。

リヤにおいては、アクティブエアロ機能が搭載され、様々な側面に空気を送り込むことが可能で、効果的に車のバランスを変えながらコーナリング性能を向上させることができると説明しています。
こうしてみると、「アヴェンタドールSVJ」はパワー重視の個体ではなく、トータルバランスとコーナリング性能を重視したレーシング向けのモデルへと進化している可能性が高いとして、これまで直線番長という肩書があったランボルギーニも、次第にフェラーリやマクラーレンを凌駕する高性能モデルへとシフト変更しているのだと考えられます。

ってか既にコンフィギュレータ画像もリークしてるし

こちらは既に流出している「アヴェンタドールSVJ」のコンフィギュレータ画像。
100%このデザインにて登場するかは不明ですが、そのスタイリングは「アヴェンタドールSV」よりもレーシーでありながら、リヤデザインは「ヴェネーノ」並みのぶっ飛んだクールスタイリングになることが容易に想像できますね。

【The Lamborghini Aventador SVJ Walkaround | Top Gear】

☆★☆「アヴェンタドールSVJ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう