マクラーレン「F1」どころではない!3座シートハイパーカー「スピードテール」がまさかのリーク?

あなたは見えますか?この画像には何かおかしなものが…

マクラーレンの公式インスタグラムにて、同社フォーミュラ1を投稿した画像の”背景”から、今まで見たことのないような新たなデザインが公開されている、と大きな話題を呼んでいます。
その話題性の一つには、同社「F1」の後継モデルとなる3座シートハイパーカー「スピードテール」のスタイリングに似ているとのことから、「もしかしてプロトタイプモデル?」との期待も寄せられているも、実際のところは不明。

スポンサーリンク

これって本当に「スピードテール」?

こちらがその話題となっている謎のスーパーカーをズームした画像。
フロントヘッドライトのデザインを見るだけでは何とも言えませんが、ミドシップに搭載されるエンジンカバー周りのラインやルーフは、確かに「スピードテール」っぽい感じもしますね。

「スピードテール」の暫定スペックを改めておさらい

今回新たに登場する「スピードテール」は、パワートレインは確定していないものの、ほぼほぼ暫定的に「720S/マクラーレン・セナ」にも搭載の排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンのアップグレードタイプと最低でも1基の電気モータを組合わせたハイブリッドエンジンを採用する予定となっています。
これにより、最高速度も先代モデルとなる「F1」の391km/hを超えることは確実で、”最も速く、最もラグジュアリーなアルティメットロードカー”になるとマクラーレンも説明しています。

なお、これまでの明らかとなった情報を整理すると、「スピードテール」が製造される台数は僅か106台(もちろん全て完売)で、車両本体価格は約2.3億円となっています。
この個体は、2019年末より組立てをスタートし、全てのユニットはマクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)によって、ユーザー仕様にカスタマイズされることとなります。

An uncovered classic. Pure and raw. #McLaren #MTC #Boulevard #F1

McLarenさん(@mclaren)がシェアした投稿 –

☆★☆「ハイパーGT(BP23)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう