【レンダリング】完全アメ車脱却。見た目はモロにスーパーカーのシボレー「コルベットC8」はこうなる?

かなり現実味のあるレンダリングだ

シボレーの次期2シータスポーツミドシップモデル「コルベットC8」の予想レンダリングが公開に。
過去これまで、何度か「コルベットC8」の予想レンダリング画像が公開され、そのほとんどがフェラーリ「488GTB」風のスタイリングとなっていましたが、今回は今まで以上にアグレッシブで鋭さを増したスーパースポーツデザインとなっています。

スポンサーリンク

今回レンダリングを作成したアーティストは不明ですが、これまでキャッチされてきた開発車両と、量産仕様であろう2ピースロックナット式のマルチスポークホイールを装着しての”現実的な”デザインとなっています。

フロントエンドデザインは、現行モデルの「コルベットC7」とは異なる更に釣り目を意識した攻撃的なヘッドライトを搭載し、二眼LEDヘッドライトと4灯式のデイタイムランニングライトを確認(このあたりも開発車両のデザインを上手く取り込んでいます)。
どことなくホンダ「NSX」のような雰囲気を持ちますが、恐らくそこまで空気を取り込むことはないであろう小型のフロントエアインテーク、フロントエンドグリルは小口ながらもメッシュをくまなく採用しています。

フロントスプリッターはボディカラーと同色と思われますが、ブラックのツートンによるアクセントを加えたエアロパーツがほとんどだったので、こうした同色タイプも新鮮味があってグッド。

リヤは意外にもC7そのまま?

こちらはリヤデザイン。
リヤテールランプや角張ったリヤバンパーはC7をそのまま取り込んだようにも見えますね。
ただ、リヤエキゾーストパイプはセンター4本出しの荒々しいレイアウトではなく、両サイド2本だしクワッドエキゾーストパイプへと変更。
真円ではなく、四角タイプを採用しているところも開発車両に見られたところですね。

エンジンについては、様々な情報が拡散していますが、ベースモデルは排気量6.2L LT1製V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力507psを発揮。
車両重量はC7よりも90kg以上重くなるといわれていますが、8速DCT搭載により加速性は向上すると思われます。

二つ目は、排気量5.5L フラットプレーンクランクを採用するV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力608psを発揮。

そして最後は、V型8気筒ツインターボエンジンに加えて、フロントに電気モータを搭載するハイブリッドモデルで、駆動方式は四輪駆動、システム総出力は驚異の1,013psを発揮する可能性が高いと言われています。

☆★☆「コルベットC8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

ミドシップエンジン・シボレー「コルベットC8」の開発車両をまたまたキャッチ。今度はZR1とコラボ【動画有】(218/7/25投稿)
シボレー「コルベットC8」のウィンカーはレッドで決定?その点滅方法も動画にて公開【動画有】(2018/5/16投稿)
やっぱフェラーリ「488GTB」。シボレーのミドシップスーパースポーツ「コルベットC8」の予想レンダリングが公開(2018/4/19投稿)
シボレー「コルベットC8」はスーパーカーに部類?フロントデザインはZR1に近い模様(2018/4/5投稿)
シボレー「コルベットC5」のドライバが新型「コルベットC8」をキャッチ。少しずつその姿明らかに【動画有】(2018/2/16投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう