アポロ「IE」でロンドンの街中を走ってみた。その姿は神秘的で、誰もが振りむき、とにかく写メの嵐に【動画有】

アポロ「IE」でロンドンの街中を走ってみた

スーパーカーにて街中を走行すれば、その姿は一般車両では表せない特別なスタイリングを持ち、ド派手なエンジンサウンドを奏で、誰でも振り向いてしまう程に特別な存在。
スーパーカーは、注目の的になることは間違いありませんが、ドイツが生み出したアポロ「IE(Intensa Emozione)」でロンドンの街中を走行してしまえば、その存在感は圧倒的でスーパーカーの中でもトップクラスの神秘的なオーラと存在感を放っているのではないかと思います。

スポンサーリンク

「IE」のデザインは常軌を逸している

アポロ「IE」は、その流れるような滑らか且つエッジの利いた(利き過ぎた?)スタイリングとシャープなラインを兼ね備えたスーパースポーツカー。
高度な空力特性を持つことはもちろんですが、中央に取り付けられたクールすぎるトリプルエキゾーストパイプや、巨大リヤウィング、近未来感漂うインフォテイメントシステム、パガーニ「ウアイラ」やAMG「SLS」にも採用されるガルウィングドア等、一つ一つのデザインがぶっ飛んだスペシャルデザインとなっています。
そのためもあって、作りは非常に複雑で大量生産には一切向かない小生産型でもあるため、世界限定10台しか製造されません。

見た目と違ってパワーは控えめ?

「IE」は、その見た目とは裏腹にブガッティ「シロン」のような1,000psを超えるハイパーカーではなく、排気量6.3L フェラーリ製V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力780ps/最大トルク760Nmを発揮する意外と控えめなノンハイブリッドモデル(十分ハイパワーなんですけどね…)。
しかし、その分カーボンファイバシャシーを採用する等で軽量化を図り、車体重量は1,250kgを実現。これによりパワーウェイトレシオ比は1.6kg/psと優秀な数値をたたき出しています。

多分販売される中で最もスーパーなクルマなのが「IE」だと思う

その過激な見た目と優秀なパワーバランスを持つ「IE」は、やはりその非現実的過ぎる姿を目に焼き付けようと、すれ違う人々が必ず振り向いてしまう程。
目で焼き付けるだけでは物足りず、写メに残す人も多数で、それだけ「IE」の魅力とオーラが漂っていることが十分に伝わってきます。
現車のサウンドを生で聞いたことはありませんが、フェラーリ製自然吸気エンジンということもあって間違いなく”甲高いあのサウンド”を奏でるでしょうし、トータルで見て最も”スーパーカー”と呼ぶにふさわしい一台なのではないかと思いますね。

【INSANE HYPERCAR, Apollo IE: Driving In Central London With Crazy Loud Exhaust – Carfection +】

☆★☆アポロ「IE」関連記事5選はコチラ!☆★☆

アポロ「IE」には過激オプション有り?1,000馬力&11,000rpmまで引上げるクレイジーオプションが存在する模様(2018/7/29投稿)
アポロが他社スーパーカーを批判「どの車も運転が楽過ぎだ。IEは運転が難しくスキルが必要。怖くて楽しい車を作ることが私達の仕事だ」(2018/7/12投稿)
アポロ「IE」を洗車する動画。まずは洗車スペースに向かうために敷板が必須だった件【動画有】(2018/6/21投稿)
世界限定10台のみ販売のアポロ「IE」が最終仕上げのためHWA AGと提携を発表。HWAはあのモデルも手掛けていた!(2018/6/13投稿)
アポロの新型モデル「IE(Intensa Emozione)」を遂に初公開。最高出力780馬力、0-100km/hの加速時間は2.7秒(2017/12/16投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう