アメリカにて、10代男性2人が車を盗もうとするも断念→車がマニュアル(MT)仕様だったから

マニュアル車は時として盗難防止システムに?

アメリカ・テネシー州ナッシュビルのスティックシフトにて、酒に酔った15歳と17歳の男性が、近くにあった車を盗もうとしたところ、全く動かすことができず失敗し、そのまま警察に捕まってしまうという事件が発生。

スポンサーリンク

マニュアル車の存在を知らなかった男たち

事件の詳細としては、車の運転席で待機していた女性を見つけた10代男性二人が、女性を無理やり車から放り出し、すぐさま車で逃げようとするも、エンジンが掛からなかったり、発進しようとするもすぐにエンストになってエンジンが停止してしまうといったハプニングが発生。

実はこの車、トランスミッションはマニュアル(MT)車両ということもあって、オートマ(AT)車両が当たり前となってしまった現代において、もはや絶滅危惧種ともいわれるマニュアル車両を操作する若者はほとんどおらず、特に今回のように免許すら取得していない10代の少年らからしたら、難易度マックスの操作になるものと思われます。

もちろん、車は全く動かすことができず、車外に出された女性は何度も叫び、近くの男性数人の助けを呼び、何とか10代男性2人は取り押さえられ、警察に捕まったといいます。

”3つ目のブレーキ”の役目がわからなかった

車を盗もうとした男性2人は、「3つ目のブレーキ?が何のために使うのか全くわからなかった」と説明。恐らく彼らが説明しているのはクラッチペダルのことで、ギヤシフトを変換する際に必要となるクラッチペダルでさえもわからない時代になってきたんだなぁと思うと、ちょっと悲しくもなってきたり。
いずれにしても、マニュアル車両が盗難防止システムの役目を果たせる程の効果を持つというのは納得できましたが、こうして少しずつマニュアル車両が淘汰されていくのを見届けるのもちょっと複雑な気持ちもで有りますね。

Reference:CARSCOOPS

実は過去にも同じことが起きていた

関連記事:アメリカにて、若いカージャック犯が車を奪えず。理由は「マニュアル車」だから(2017/8/18投稿)

cached

アメリカ・ミズーリ州において、ちょっと寂しい事件が発生。
それは、一般会社員であるダスティン氏の所有する車がカージャック犯に奪われそうになるも、”とある理由”で奪われずに済んだという内容。

その理由というのが、ダスティン氏の車が”マニュアル車”だったから。
ダスティン氏の所有する車は日産の「アルティマ」というクーペタイプで、北米を中心に販売されている人気の個体。
ただ、最近では若者の車離れとミッション車のラインナップが激減、更には運転免許を取得する若者のほとんどがAT(オートマ)限定になっていることから、マニュアルが売れなくなり、そして「アルティマ」の認知度も徐々に低下しているわけですね。

もちろん、今回の事件のカージャック犯もAT限定の運転免許しか持っておらず、マニュアル車の動かし方など一切わからない状態。
これにより、日産「アルティマ」は奪われずに済んだということです。
結果的には、無事カージャック犯も捕まり、何事もなく済んだのですが、一方でマニュアル車が若者から淘汰されていく様が今回の事件にて大きく取り上げられていることも事実で、今後もマニュアル車のラインナップもどんどん少なくなっていくのだろうと思うとなんだか寂しくも感じてしまう事件でもあります(あくまでも個人的な感想)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう