”不適切な行動”で解雇された元フォード社長。他の社員も同様の理由で解雇に

不適切な行為が続くフォード

2018年2月に、フォードの貴重な情報を提供し続けてきた同社元社長のラジ・ナイール氏が、「不適切な行動」が何度も発生し、これが社会規範に矛盾すると判断して即座に解雇されていましたが、今回あらたに同社の別部門となるプロファイルの従業員も、同様の理由にて解雇されたことが明らかとなりました。

スポンサーリンク

次はだれ?不適切な行為とは?

今回問題となった従業員とは、50周年記念モデル「マスタング」のプログラム管理とリードプロダクトプランナー、そして1,200人以上の従業員を支配し、主要プログラムのために500億円以上のエンジニアリング経費を支出した経験を持つグローバルディレクターのPrakash Patel氏で、社内調査と慎重な検討の結果、今回解雇する決断に至ったとのこと。

正確な情報は開示されていないものの、以前のラジ・ナイール氏同様に、匿名の苦情により社員やその他への常習的なセクハラ・モラハラ・パワハラ行為があった(特にセクハラ比率は圧倒的)として、その情報をもとに諸々の調査を行った結果、”過度な行為が複数見られた”として解雇確定という流れとなりました。

今回の不適切な行為は、以前同様にフォードのブランドを著しく傷つけたとして、解雇するにとどまらず賠償請求等の措置を講じるとして、厳しい処罰が行われるといわれています。

☆★☆フォード関連記事5選はコチラ!☆★☆

5月に「フォードGT」を違反転売したオーナーとMecumオークションがフォードから訴えられる→Mecumは引下がらずまたもや「フォードGT」を再出品へ(2018/7/31投稿)
新車購入後2年間は売却禁止→すぐさま「フォードGT」を違反転売した俳優ジョン・シナ氏がフォードと和解【動画有】(2018/6/20投稿)
走行距離70km以下、2017年モデルの「フォードGT」が購入して間もなく炎上→このカラーってもしかして?!(2018/6/18投稿)
【新車価格の3倍以上】規約違反で調査対象となった「フォードGT」。僅か2分以内でオークションにて落札される(2018/5/24投稿)
「フォードGT」がオークションに出品へ。新車購入後2年間売却禁止の規約違反のため即調査へ(2018/5/17投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう