2018年7月度の国産新車販売台数ランキングが公開。1位は安定のホンダ「N-BOX」、あの軽オフローダーは何位?

やっぱり「N-BOX」は強い

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が、2018年7月度の国産車新車販売台数を発表しました。
乗用車から軽自動車まで全てを含むランキングとなるため、乖離があってあまり現実的とは言えないにしても、どういった国産車が今人気があるのかについては、かなり注目すべきランキングかもしれませんね。

スポンサーリンク

今回公開されているランキングは以下の通り。

【2018年7月度・新車販売台数ランキング】※[]:先月順位
1位[1位]:ホンダ「N-BOX」1万9668台(35.6%増・11か月連続増)
2位[2位]:スズキ「スペーシア」1万1843台(44.9%増・21か月連続増)
3位[7位]:日産「デイズ」1万1703台(3.6%減・6か月連続減)
4位[3位]:トヨタ「アクア」1万1689台(2.6%減・4か月ぶり減)
5位[4位]:日産「ノート」1万1256台(9.5%減・9か月連続減)
6位[11位]:ダイハツ「ミラ」1万1205台(4.0%減・3か月連続減)
7位[15位]:トヨタ「ヴィッツ」1万1184台(60.0%増・3か月ぶり増)
8位[5位]:ダイハツ「タント」1万0708台(8.6%減・9か月連続減)
9位[6位]:ダイハツ「ムーヴ」1万0196台(4.7%増・4か月ぶり増)
10位[13位]:トヨタ「カローラ」9986台(51.8%増・4か月連続増)

ちなみに、7月度のランキングで見事1位を飾ったのはホンダ「N-BOX」。
先月度に続きぶっちぎりとなりましたが、何よりも11か月連続で増加し続けるというところには驚き。
販売台数も、19,668台と2万台に迫る勢いですし、8月度の売れ行きも更に好調になるのではないかと言われています。

その他には、前月7位だった日産「デイズ」が急上昇し、3位に上り詰めました。
日産の燃費不正問題によるブランド低下や、品質の疑いも掛けられていた日産でしたが、こうしたスキャンダルが起きても過去から維持してきた人気度が低迷することは無さそう。
問題なのは来月度かと思いますが、不正スキャンダルによる影響がどこまで続くのか非常に気になるところ。
今回トップ10に入り込んだ車両は軽自動車かコンパクト乗用車のいずれかといったところですが、この中に一台もクロスオーバー・SUVモデルが無いというのも驚きです。

ちなみに、7月より販売スタートしたスズキの新型「ジムニー」は残念ながら20位圏外となりましたが、あくまでも販売台数を示したランキングなので、来月には更に台数を増やしてランキング上位にならんでくるのではないかと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう