何コレ最高。アストンマーティン「ヴァンテージ」カラーとランボルギーニ・レザーをモチーフにしたアルファロメオ「4C」が登場

ド変態デザインの「4C」登場!

以前、ドイツの有名チューナであるPogea Racingが、アルファロメオの2ドアスポーツクーペ「4C」の特別カスタムモデル「4C・ネメシス」を公開しましたが、今回新たな試みとしてグリーンのボディカラーとインテリアカラーに身を纏ったクレイジーな「4C」を世界初公開しました。

今回Pogea Racingがカスタムした「4C」は、アストンマーティンの新型「ヴァンテージ」からインスパイアされた4層コーティングのパール風グリーンにて塗装(多分このボディカラーだけで100万円~200万円)。
トップルーフは、単にブラックルーフに塗装しているだけかと思いきや、まさかのカーボンファイバルーフですって…かなりお金かかってます。

スポンサーリンク

インテリアはランボルギーニをモチーフに…

過激なデザインはインテリアにも。
早速ドアを開けてみると、内ドアパネルがまぁカメレオングリ~ン。
おまけにダイヤモンドステッチ風にカスタムされたレザーもグリーンになっています。

更に中をのぞいてみると、ダッシュボードやドアパネル、ステアリングホイールは、ランボルギーニのデザインを上手く取り込んでおり、その他の部分はレザーとアルカンターラのバイマテリアルを採用しています。

シートはこんな感じ。
背もたれ部分のセンターにはブラックのレザーを採用しているところも中々にオシャレ。ここはどうやらアルカンターラらしいですよ、マジで。

気になるエンジン性能については、従来通り排気量1.8L 直列4気筒直噴ターボはそのままに、ECUセットアップにより最高出力240ps→335ps/最大トルク350Nm→465Nmへとチューンアップしています。

なお、このカスタムモデルは「4Cクーペ/4Cスパイダー」のいずれにも適用可能となっているとのことです。

☆★☆Pogea Racing関連記事2選はコチラ!☆★☆

Pogea Racingがフェラーリに続いてアルファロメオ「4C」もカスタム。477馬力の過激スーパースポーツに(2018/4/25投稿)
Pogea Racingがフェラーリ「488GTB」専用パッケージを発表。800馬力超えの化け物マシン(2018/4/21投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう