ジープ「チェロキー」にリコール。リヤサスのアームが腐食して折れる恐れ有り

自動車ニュースサイト・Responseより、ジープ「チェロキー」にリコール。
リコールの内容としては、リアサスペンションに不具合があるとのことで、リヤサスペンションのロアコントロールアームにある水抜き穴の位置が不適切なため、アーム内に浸入した雨水が適切に排出されないものがあるとのこと。
そのためアーム内に腐食が生じ、最悪の場合、ロアコントロールアームが折損するおそれがあるとしてリコールを発令。

スポンサーリンク

リコールの対象となるのは、2003年10月6日~2007年4月10日に輸入された「チェロキー」のみで、2,359台がリコールとなります。

改善措置については、全車両、ロアコントロールアームを対策品に交換する、リコール作業を行う予定となっています(不具合0件・事故0件)。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

メルセデスベンツAMG「G65」にリコール。パワーステアリングに不具合有り→横転する恐れも(2018/7/30投稿)
改善対策という名の大規模リコール。日産「ノート/セレナ」がPレンジでも発進する恐れ有り(2018/7/28投稿)
VW「ポロ」にリコール。後席用シートベルトに不具合有り→走行中に外れる恐れ(2018/7/27投稿)
ジープ「グランドチェロキー」にまたもやリコール。更にはフォード「エクスプローラー」も半ドアになる恐れ有?(2018/7/23投稿)
ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」にリコール。ホイールのセンターロックボルトが緩む恐れ有り?!(2018/7/23投稿)
ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」にリコール。ホイールのセンターロックボルトが緩む恐れ有り?!(201/7/23投稿)
ジープ「グランドチェロキー」等がリコール。オートクルーズで勝手に加速する恐れ有り(2018/7/22投稿)
BMW×ミニに計27車種のリコール発令。クーラントポンプの不具合により火災の恐れ有り(2018/7/13投稿)メルセデスベンツ「C220d/ステーションワゴン」がリコール。排ガス状装置等が停止して保安基準に適合しなくなる恐れ有り(2018/7/9投稿)
メルセデスベンツに110車種17万台超えの大規模リコール発令。意図せずエアバッグが展開する恐れ有り(2018/7/5投稿)
改善対策という名のリコール。トヨタ「ジャパンタクシー」のシフトロック不具合にて勝手に動き出す恐れ有り(2018/7/4投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう