【8/12情報更新】ガムボール3000(GUMBALL3000)スケジュール完全公開&まとめ。8月12日最終日もチェック!【大阪・京都・石川・東京編】

2018-08-12

これを見ればガムボール3000のスケジュールがわかる!

8月4日よりスタートしている公道ラリーイベント・ガムボール3000(GUMBALL3000)。
ヨーロッパを舞台としており、世界の大富豪や俳優、音楽プロデューサー、ユーチューバーといった名だたるインフルエンサーをメインに、3,000マイル(約5,000km)もの距離を走行する壮大なイベントとなっています。

昨年(2017年で19年目)は、ラトビア・リガを出発し、ワルシャワ→クラクフ→ブダペスト→ドゥブロヴニク→モンテネグロ→テイラナ(アルバニア)、アテネを経由してギリシャ・ミコノス島にてゴールする2日間のイベントでした。
そして今年2018年は、ガムボール3000が開催して20年目を迎える年でもあり、そのイベント地の対象となったのが日本となります。

注1)8/9、8/10、8/11、8/12赤字が追記内容となっています
注2)8/11緊急更新は青字にて追記しています

スポンサーリンク

今回のスケジュール概要を見てみよう

今回開催されるイベント概要は以下の通り。
※8月8日~8月12日の詳細は更に下にまとめています

【ガムボール3000スケジュール概要】
8月4日:イギリス・ロンドンのコヴェントガーデンを出発
8月5日:フランスのシャンティイを通過
8月6日:イタリア・ミラノのスフォルチェスコ城を通過
8月7日:一部参加希望者はイタリア・ボローニャから日本へと出発
8月8日:大阪・関西国際空港着
8月9日:京都・平安神宮
8月10日:石川県・小松市と七尾市を経由
8月11日~12日:東京

※日本からは60名のガムボール・ジャパンオーナーが参加し、合計180台のスーパースポーツカー達が登場します!ちなみにその中にはブガッティ「シロン」やランボルギーニ「アヴェンタドールSV」等も含まれています。

それでは、ここからは各日程の詳細を記載していきたいと思います。

大阪(8月8日)・京都(8月9日)のスケジュールを確認していこう

まずは大阪府(8月8日)から

これは昨日のこととなりますが、本日8月9日の分も含めて記載します。
8月8日は、イタリアから大阪・関西国際空港に、世界最大級ともいわれる輸送機「アントノフ」4機を使って全て積載して向かってきましたね。
時間にして概ね13時半頃着でしたが、到着した車両達約120台は一旦空港に預けており翌日8月9日の朝一にメンバーたちが直接引き取りに行くことになっています。

ちなみに、メンバーたちが宿泊しているところは、大阪府大阪市北区中之島3丁目のコンラッドホテル大阪となっています。

コンラッド大阪にあのハイパーカーが到着

昨日(8月8日)、コンラッド大阪に世界限定500台で、約3億円以上もするブガッティ「シロン」が到着した模様。
この個体は、名古屋にて納車されたモデルとのことですが、フロントにはまだナンバーが装着されていないため、新車登録が完了してい可能性がありそう。
ですが、今回のガムボール3000用に登録されたモデルとのことで、もしかしたら京都・石川・東京へはレッカーを使いながら移動→展示として使用されるのかもしれませんね。

お次は京都府(8月9日)

8月9日の京都のスケジュールですが、ガムボールメンバーが朝にコンラッドホテル大阪を出発後、関西国際空港に戻り、そこからまずは兵庫県のセントラルサーキットに向かいます。
スケジュールとしては、11時以降からセントラルサーキットが完全貸切状態となり、このサーキット場を利用してパレードランが行われます(なぜ兵庫県のセントラルサーキットが選ばれたかは後ほど記載)。

【8/9緊急追記】8月8日に関西国際空港にて120台の車両が到着した時点で、多数の車両が税関にて引っかかっており、未だに関空を出発できていないとのこと。そのため、セントラルサーキットには数十台レベルの車両しか到着していません。
情報によれば、税関にて引っかかった車両は、セントラルサーキットをスルーし、そのまま京都府・平安神宮 岡崎公園に向かうことになります。更にそれよりも遅くなる場合は、岡崎公園ではなく本日宿泊する京都市内の某ホテルにて駐車するとのことです。

場所:セントラルサーキット
所在地:〒679-1132 兵庫県多可郡多可町中区坂本521-1

全長:2,804m
電話:0795-32-3766

セントラルサーキットでのパレードラン終了後は、京都の平安神宮に向かいます。
スケジュール概要には、平安神宮としか書かれていませんが、厳密には平安神宮の岡崎公園にガムボールの参加車両が展示されます。
これが時間にして16時~19時となりますが、ここからが重要!

何と、20時以降は一般公開という名目で、翌日の出発時間まで岡崎公園に参加車両達が展示されています。もちろん、一般客の出入りが可能となっています(雨天の場合は不明)。
圧巻ともいえる光景だと思うので、この機会だけは絶対に逃さないでくださいね。
※ちなみに8月9日からは、大阪の高級レンタカー・グローバルオートレンタカーさんやコーンズ大阪さんからも複数台のスーパースポーツカー(ガムボール3000仕様にカスタムラッピング)が参戦されます。

【8/10追記】ガムボール3000(大阪&京都編)をまとめました

【ガムボール3000(大阪&京都編)】

場所:平安神宮 岡崎公園
所在地:〒606-8342 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町他
時間:24時間営業
電話:075-882-7019

石川県(8月10日)のスケジュールを確認していこう

石川県については、以前の記事でもお伝えしましたが、折角なので以下にまとめたいと思います(一応リンクは貼りますね)。

【8/11追記】ガムボール3000(石川編)に行ってみた

【ガムボール3000概要(石川編)】

石川県小松市にある「日本自動車博物館」にスーパーカー達が登場します。
※【8/10追記】8月10日は、朝10時半ごろに京都を出発し、名神高速・北陸自動車道を走ります。
日本自動車博物館は、1978年に開設され、国内最大級である約500台のクラシックカー達が収容されています。
今回、40周年目を迎えるとのことで、その節目を迎えると同時にガムボール3000の会場にもなりました(ある意味キセキともいえるタイミング)。

日本自動車博物館では、現在4億円以上ともいわれるフェラーリ「288GTO」やマクラーレンのアルティメットシリーズ「P1」(約1億円)、ランボルギーニのハイパフォーマンスフラッグシップモデル「ムルシエラゴSV」、レクサス「LFAニュルブルクリンクパッケージ」、ニューヨーク市警の警察車両等が登場予定となっています。
注)「288GTO」は猛暑の影響で出展されない恐れ有【8/10追記】「288GTO」は出展予定

有名人としては、グラミー賞受賞歴のあるアメリカ女優でラッパーのイヴさんや音楽プロデューサらが来場者と昼食を交えて交流する時間も設けられるとのこと。
日本自動車博物館での滞在時間は13時半~16時までと非常に短く(時間は多少前後すると予想)、おまけに当日は同博物館では駐車できないため、近くの「こまつドーム」にある特設駐車場にて駐車する必要があります。
こまつドームからそこそこ距離があるので、午前11時から博物館と結ぶシャトルバスが運行されます。
注)満員となる場合は入場規制がかかる恐れがあるので、早めに訪問することをおすすめします

建物名:日本自動車博物館
住所:〒923-0345 石川県小松市二ツ梨町一貫山40
電話番号:0761-43-4343

建物名:こまつドーム
住所:〒923-0344 石川県小松市林町ほ5
電話番号:0761-43-1677

夕方からは七尾市・和倉温泉でも展示だ

小松市での交流終了後は、七尾市・和倉温泉にある旅館「加賀屋」へと向かいます。
同旅館では、参加者の車両が展示(上記車両含む)されるとのことなので、おそらくとんでもない光景になるでしょうね。
一応「加賀屋」の駐車場を調べてみましたが、そこまで多くの車が収容できるほどのスペースは無く、おそらく参加車両で埋め尽くされることは確実(っというか「加賀屋」貸切)。
従って「加賀屋」近辺の駐車場の取り合いになる恐れ(もしくは和倉温泉近辺の駐車場を全て駐車禁止)もありますし、県外含む見学者・観光客も殺到すると考えられるため、少し早めに現地で待機、もしくは夜の一般公開まで待機していた方が良いかもしれませんね。

建物名:加賀屋
住所:〒926-0175 石川県七尾市和倉町ヨ部80番地
電話番号:0767-62-1111

最も気になるであろう東京都(8月11日~12日)

ガムボール3000の中で最も情報の少ない東京都。
唯一分かっている情報としては”お台場”のみですが、一体どんなスケジュールになっているのでしょうか?その詳細を確認していきましょう。

【8/12追記】ガムボール3000(東京ツアー編1日目)

まずは石川県を出発

朝8時~9時ごろに石川県「加賀屋」を出発後、そのまま東京都・お台場に向かいます。
当初は、石川県→富士山→富士スピードウェイ(FSW)にてパレードラン→東京都、というルートだったのですが、「1日で通過するの無理じゃね?」ということで富士山と富士スピードウェイをスルーし、富士スピードウェイの代わりとして8月9日に兵庫県のセントラルサーキットがチョイスされたといわれています。
しかしながら、石川県~東京都のお台場までは約500kmもの距離がありますし、何よりも「日本の道に走り慣れていない」、「連日の過走行で疲れがピーク」、「セーフティカーがいても道間違える」といった、海外メンバーには不利な条件が揃い過ぎているので時間通り到着することは難しいと思われます。

東京都のどこに到着する?

【8/11緊急追記】
まず石川県を出発したあとは、まずは長野県の松本駅周辺に向けて高速走行となります。
時間帯としてはどの程度なのかは不明ですが、1~2時間ほどですぐさま東京に向かうと考えられます。

そして、既に情報が拡散しているかと思いますが、本日8月11日の東京ツアーについて、主催者のマキシミリオン・クーパー氏(以下、マックス氏)より、以下のダイレクトメールが届いています。
このメールは、8月10日の夜の宴会の際に、「8月12日にスタッフ等にテキストメールを配信するよ」と連絡したもの。

つまり、本日行われる東京ツアーの(車での)フィナーレを飾る詳細を示した重要テキストとなるわけです。
要約すると「東京の大黒PAに19~21時に訪問したいと思っている。日本のリアルなクルマ文化を経験してみたい。もしも、ネオンのようなランボルギーニやLB Performanceモデルをオーナーが周りにいれば連絡してほしい。この情報を拡散してほしい」と記載されています。
遂に、関東のあのスーパーカー軍団を招集するダイレクトメールが到来です(多分みなさんもご存じのあの軍団)。

8月11日の早朝の時点では、日本のガムボールスタッフに対しては、当初「お台場にあるフジテレビタワーに向かう」と伝えられていました。現実問題として、本日はお台場にて花火大会があるため、どう考えてもお台場に向かうの難しいですが、それもガムボールらしいところ。しかしながら、蓋を開けてみると今現在は大黒PAに19時~21時に緊急招集というスケジュールとなっています(新たにマックス氏は、18時~20時に大黒PA到着目標としています)。
もはやガムボール全体がパニック状態となっていますが、これがガムボールの醍醐味
直前までどんな変更が入るかわかりません。
ちなみに、週末の大黒PAは20時前後封鎖状態となっていますが、何せ主催は海外の富豪を揃えたガムボール陣。ポケットマネーで全てを解決してくる可能性が高く、そうなると特別に大黒PAが一日限りのスペシャルイベントになるかもしれません。まずは一旦速報です。
新たな情報が入り次第、すぐに更新していきます。楽しみに待っていてください。
※確実な時間は未定ですが、最終的には本日テレコムセンターから海側の倉庫のいずれかに収容されます。

【8/11緊急追記】マックス氏曰く、どうやら大黒PAには18時前には着きそうとのこと。
ただ、これはあくまでも先頭車両達のことを指しているだけなので、全ての車両が到着するとなると19時を過ぎる可能性は有りそうですね。
ちなみに、以下の通り既にフェラーリ「458イタリア」とランボルギーニ「アヴェンタドール」が大黒PAに到着しています。

気が付けば大黒PAはガムボール渋滞に…

マックス氏から追加メッセージ到来

マックス氏より以下のダイレクトメッセージが来ています。

内容としては、「大黒PAが閉鎖後にガムボール達は次のところに向かう。有明新国際ユニバーサル物流センター 住所:東京都江東区青海4-1-16と記載されています。
つまり、大黒PAが閉鎖するまでにガムボール達を集めれるだけ集める感じですね。
大黒PA閉鎖後は、以下のスポットにガムボール達が収容され、公道レースが終了します。
以前からお伝えしている通り、テレコムセンター付近の交差点にて待機していれば、確実にスーパーカー達に遭遇できると思います。
大黒PA閉鎖後が勝負です!

8月11日の東京都・お台場でのイベントは19時~21時となっていますが、石川を出発する時間によっては到着するには不可能ともいえる時間帯ですよね。
しかもこの日、東京ではコミックマーケット等のイベントが目白押しで、どの公共施設も使用されている状態。つまりは、200台近くもの車たちを収容できる場所が確保し難い状況になっているんですね(おまけに渋滞になることは確実)。

そのためもあって、東京の警察サイドからは「東京は安全確保が難しいからセレモニー的なことはできない」という方針で進められています。
つまりは、東京はあくまでもイベントのフィナーレを迎えるゴール地点であって、京都や石川のような展示スケジュールが予定されていない(組めなかった?)と考えて良いのかもしれません
そういった意味では大きな期待は持てません。

【8/11追記】加賀屋から東京都へのルートですが、昨日の石川のローカル番組でもお伝えした通り、能越自動車から北陸自動車道→上司熱自動車道→関越自動車道といったルートになるといわれていました。

上記のルートを見ての通り、ほぼオール高速となるため、本格的に走ることがメインとなりそうです。
「途中山梨を経由する?」との噂もありましたが、ここはスルーになりそうですね。
なお、本日8月11日東京都のゴール地点はあくまでも「車を収容する倉庫」になるとのことで、都内の大型駐車場にて停めるスペースは確保できていないとのこと。

ただ、その「とある倉庫」に向かう道中(原宿や渋谷?)等を軽く走行するといったことは有り得そうですが、必ずしも数十台レベルでパレードランが行われる可能性は低いと考えてください。
ガムボールメンバーは、各自のペースにて走行するため、途中のサービスエリアやパーキングエリアにて一旦停車する等、皆が全く同じ時間で到着することは難しいです。
ましてや東京都ともなると道を間違えることが十分に考えられることからお台場近くまでオール高速という可能性もありそうですね。

しかしながら、最初で最後かもしれないガムボール3000。
海外メンバーとジャパンメンバーによる計200台近くのスーパースポーツカーコラボが見れるのはまたとないチャンスです。

現在展示するに最も候補に挙げられているスポット(他のイベントと被っていないポイント)が、「D1グランプリ」等が開催される会場近くの「青海臨時駐車場」
この駐車場であれば、約200台もの車たちを収容することが可能となっていますが、あくまで予想レベル。
大きな期待はせず、”せっかくのイベントだし、ちょっと立ち寄ってみるか”といった感覚で行かれた方が良いかと思います。もちろん当日は混雑することが予想されるので公共交通機関を利用するのがオススメ。
それ以外の策としては、「一度お台場を通過して、輸送する羽田空港(予定)へと向かう」といった計画もあるみたいです。

【8/9緊急追記】これも主催関係からの情報なのですが、唯一残されていた「青海臨時駐車場」の可能性は無くなり、某港側の倉庫にて収容されることが可能性が高いとのこと。この倉庫については、関係者以外は立ち入り禁止になっています。
これはあまりにもお伝えしにくい情報ではありますが、東京でもセレモニーや展示は行われず、あくまでも走行しているところを目撃出来たらラッキーという程度で考えた方が良いかと思います。

【8/11追記】8/9の追記にもある通り、今回のゴール地点は港側の倉庫にある収容される倉庫になるといわれています。
大体の場所ですが、テレコムセンターから海側の倉庫のいずれかになるとのこと。
もし、スポット狙いで車の撮影をしたい、ガムボールの雰囲気を味わいたいということであれば、その手前の交差点がベストかもしれませんね。その後、青海三丁目の左右どちらかの曲がり、倉庫にいくと考えられます。

【8/11追記】なお、目安となる時間ですが、19時より「原宿bok gallery」と呼ばれるイベントスペースにて、何かしらのイベントが行われるとのことなので、それまでに全ての車が収容される(つまりはイベントスペースには車が来ない)ことを考えると、18時過ぎぐらいには全ての車が倉庫に収容されるのではないかと思います。

最終日(8月12日)は参加不可能

最終日は、夜中23時から東京都内の六本木ヒルズに隣接するケヤキ坂下交差点にある「1 OAK TOKYO(オンオークトウキョウ)」にて、ファイナルフィナーレが開催されますが、これについては、ガムボール3000参加者と関係者のみが出席できる完全クローズドイベントとなっています。
8月11日の段階で、空港のアントノフに収容する計画があるとのことなので、12日はパレードラン等が行われない可能性が高そうです。
そういった意味で、12日は「参加者と関係者だけで楽しむイベント」と考えた方が良さそうですね。

【8/12追記】8月12日の本日は、夜19時からアストンマーティンのショールームにてドリンクレセプション、夜中23時から東京都内の六本木ヒルズに隣接するケヤキ坂下交差点にある「1 OAK TOKYO(ワンオークトウキョウ)」にてファイナルパーティが行われます。
残念ながら、このイベントには関係者以外参加できないシステムとなっていますが、「1 OAK TOKYO(ワンンオークトウキョウ)」の手前にはガムボール参加車両4台が展示予定となっています(恐らくコンラッド東京ホテルに駐車された車両)。
もしかすると、ちょっとしたパレードラン的なことが行われるかもしれませんね。

☆★☆その他ガムボール3000関連記事はコチラ!☆★☆

【情報解禁】いよいよ本日、関空にガムボール3000(GUMBALL 3000)が来る。到着時間はコレだ!【動画有】(2018/8/8投稿)
ガムボール3000が遂にスタート。ド派手な参加車両たちを動画にて確認していこう【動画有】(2018/8/5投稿)
【8/1更新】「ガムボール3000」追加情報続々。参加車両もある程度明らかで、日本からは60名が参加予定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう