まさか…日産・スバルに引続き、マツダも燃費と排ガス不正の疑い有り

まさかのマツダも不正…?

日本自動車メーカである日産やスバルが、燃費や排出ガス規制に不正が無いように厳しく精査されている状態ではありますが、Nikkei Asian Reviewのレポートによれば、マツダも燃費や排出ガス試験を不正に行っている疑いがあるとして、現在調査が進められています。

スポンサーリンク

一体何が問題に?

同誌によると、疑わしい検査内容の一つに、品質保証プロセスにてある特定の選択されたサンプルモデルを流用しているのではないか?との疑いがあり、現在国土交通省による調査のもと、後日の検査結果とともに内容を説明するとのこと。

2016年には、三菱自動車とスズキから始まった排出ガス規制と燃費不正問題(スズキは再検査の結果、寧ろ良質なデータが得られた)が未だ記憶に新しいところではありますが、政府の義務付けにより排出ガス規制と燃費基準の調査を開始。
この調査がきっかけで、マツダは義務付けられた基準を独自に改ざんしている恐れがあるとのことで、これまで培ってきた高品質なマツダのイメージが、一瞬で覆る恐れがありそうです。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

日産が排ガス試験の改ざんを認める。今後も更なる不正問題が明らかになる恐れも(2018/7/10投稿)
大阪の民間業者が不正車検。その台数は10年間で約6,000台、1.2億円の不当収益も(2018/3/20投稿)
スバル「インプレッサ」等、無資格者の不正検査により2万台超えのリコール(2018/2/8投稿)
スバル、無資格検査の次は燃費データ改ざん。度重なる不正疑惑に他社への懸念も(2017/12/20投稿)
元VW幹部のオリバー・サミット氏が排ガス不正問題により懲役7年、約4,800万円の実刑判決が下される(2017/12/7投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう