中東オーナーに「マクラーレン・セナ」納車。これ以外にもシャシーNo.1の「アゲーラRS」等を所有する大富豪

またまた過激な「マクラーレン・セナ」が納車

マクラーレンのアルティメットシリーズ「P1」の後継モデルで、世界限定500台のみ販売された「マクラーレン・セナ」。
レジェンドドライバであるアイルトン・セナ氏の名を引き継いだ究極のロードリーガルモデルとなりますが、この貴重な個体が、中東オーナーであるフセイン・ムサラム氏に納車されたことが分かりました。

スポンサーリンク

オーナーは超有名コレクターで、シャシーNo.1の「アゲーラRS」も所有

同氏は、中東全土にて最も有名な投資家であり、無類のスーパーカーコレクターの一人。
今回納車された個体以外にも、世界で一番最初にケーニグセグ「アゲーラRS」が納車され、更にその他にもマクラーレン「P1」やランボルギーニ「アヴェンタドールSV」、フェラーリ「ラ・フェラーリ/F12tdf」、パガーニ「ウアイラ/ゾンダ・トリコロール」、ポルシェ「918スパイダー」、ブガッティ「ヴェイロン・スーパースポーツ」といった最上位グレードばかりを所有しています。

今回納車されている「マクラーレン・セナ」ですが、ボディカラーはフジ・ホワイトをメインにしながらも、エレクトリックブルーとカーボンファイバが組み合わさったクレイジーなトリプルコンボとなります。

インテリアは何とも個性的な濃色系ブルーのアルカンターラとカーボンフレームによって組み合わされた軽量シート(しかも3点式ハーネスと従来のシートベルトという組合わせ)、ダッシュボード周りやステアリングホイールも見事に濃色系ブルーのアルカンターラにて仕上げられていますね。

サイドシル部には、今は亡きアイルトン・セナ氏のサインも記載されていますね。

「マクラーレン・セナ」のパワートレインは、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載するノンハイブリッドタイプで、最高出力800ps、最大トルク800Nmを発揮(内燃機関だけであれば、マクラーレンのラインナップ史上最強のパワーを発揮)。

トランスミッションは7速デュアルクラッチオートマチックトランスミッションをリヤアスクルに介するため、駆動方式は後輪駆動(MR)。車体重量は驚異の1,198kgを実現しています。
そして、空力特性としては、250km/hの速度にて走行時に最大800kgのダウンフォースを発生することが可能となっており、0-100km/hの加速時間は2.8秒(実測としては2.2秒とも記録されている)、0-200km/hの加速時間は6.8秒、最高時速は340km/hにまで到達します。

☆★☆「マクラーレン・セナ」関連記事4選はコチラ!☆★☆

シャシーNo.001の「マクラーレン・セナ」が納車。現在5台のセナで1,400kmの旅に挑戦中(2018/7/28投稿)
全て手作業&完全オーダーメイドの極上品。縮小モデルの「マクラーレン・セナ」が約88万円にて販売中(2018/7/20投稿)
世界で一番最初に納車された「マクラーレン・セナ」が遂に公開。グリーンカーボンボディ、オーナーはマイケル・フックス氏【動画有】(2018/7/19投稿)
世界限定500台全て完売した「マクラーレン・セナ」が早くもオークションにて転売へ。予想落札額は新車価格の3倍以上(2018/6/26投稿)

Reference:TheSupercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう