1,200馬力の変態チューニング・シボレー「コルベットZR1」がようやく登場。とりあえず前走れる?【動画有】

あの過激な「コルベットZR1」が登場

以前、当ブログでもご紹介したシボレー・ハードコアモデル「コルベットZR1」専用に、アメリカの有名チューナ・ヘネシーパフォーマンスが発表したチューニングキット”HPE1200″をセットアップした個体が登場。

スポンサーリンク

チューンアップで1,200馬力、0-100km/h加速時間は2.2秒?!

このチューニングキット”HPE1200″は、「コルベットZR1」に搭載する既存のLT5エンジンを置換え・チューニングすることで排気量6.2L→7.0L V型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力755ps→850hp/1,000hp/1,200hpと3つのチューンアップパッケージが用意され、それに合わせて最大トルクも968Nm→最大1,446Nmへと向上することに。

トランスミッションは7速MT又は8速ATとそのままで、0-100km/hの加速時間は驚異の2.2秒(ブガッティ「シロン」の2.5秒未満よりも速い)、0-400は9.2秒にて到達、最高時速は370km/h以上となる模様。

今回セットアップされた専用キットに加えて、エンジンの耐久度を向上(あとは真っ直ぐ前に走れるように)するためにテキサスに本拠地を置くアフターマーケットと協力し、カスタムシャフトとストローククランクシャフト、スチール製コネクティングロッドとアルミピストン、最新スプリング、リテーナー、リフター、プッシュロッド、ポート付シリンダーヘッド、アップグレードタイプのバルブトレーン、高性能インタークーラ&カスタムエキゾーストシステム等、とにかくありとあらゆるパーツを総入れ替え。

それ以外にもロングチューブヘッダやミッドパイプ、交流量触媒コンバータに加えて、サック・スクイズ・バンブローは、吸熱量が多いということもあって、インタークーリングシステムとインタークーラがハイフロー仕様となるように改善も施しているとのこと。

もちろんエンジン保証付

なお、エンジン保証としては約20,000km/1年間と限定保証が適用され、最もハイパフォーマンスな93オクタンのシェルV-Powerガソリンを使用。
Pennzoilは、ウルトラプラチナム合成油にて潤滑を行います。
ただし、今回のチューニングキットを搭載する場合、置き換え前のLT5のエンジンはシボレーの公式保証適用外となるため注意が必要となっています。

【2019 ZR1 Corvette Baseline Chassis Dyno Testing】

☆★☆「コルベットZR1」関連記事5選はコチラ☆★☆

公称値よりも速い!シボレー「コルベットZR1」の平均最高時速341km/hを記録【動画有】(2018/4/27投稿)
シボレー「コルベットZR1」にZTKパフォーマンスパッケージを装着してみた→想像以上に車高が低すぎた件(2018/5/15投稿)
シボレー「コルベットZR1」をシャシ台に載せてみる→男性の腕がタイヤに巻き込まれるも無傷だった件【動画有】(2018/5/18投稿)
またまた最高速更新!シボレー「コルベットZR1」が341km/h→346km/hを記録した件【動画有】(2018/6/17投稿)
シボレー「コルベットZR1」に早くもリコール。エアバッグが展開せず死亡のリスク上昇(2018/6/23投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう