アルファロメオ・次期「8C」のスペックはこうなる?V8ツインターボ&限定販売?

あの「8C」に関する追加情報が

今年6月、フィアットグループに属するイタリア自動車メーカ・アルファロメオが、2018年~2022年における5カ年計画・ロードマップを公式的に公開し、その中で次期「8C」に関するスペック情報が公開されていましたが、これについてCarMagazineが新たなる情報と予想されるスペックを公開しています。

スポンサーリンク

結局どうなる「8C」?

今回新たに販売される(予定の)次期「8C」は、アルファロメオ史上最も強力な性能を発揮するハイブリッドスーパースポーツになるとして、前世代とは異なり、フロントマウントエンジンからミドシップレイアウトを採用予定となっています。

更に、カーボンファイバモノコックを採用し、エンジンは排気量4.7L V型8気筒自然吸気エンジン→「ジュリア/ステルヴィオ・クアドリフォリオ」と同様の排気量2.9L V型6気筒ツインターボエンジンに電気モータを加味したハイブリッドエンジンになることが期待されています。

パフォーマンスについては、ロードマップの資料ではシステム出力700hp以上と記載されていますが、もしかすると内燃機関だけで700hp以上、電気モータによるシステム出力を加味すると最大800hp近くまで発揮する可能性があるとも言われていますね。
なお、0-100km/hの加速時間が3秒未満とのことから、より上記出力の可能性は高まりそうです。

その他の機能性においては、高度なトルクベクタリングシステムを備え、コーナー又は2つの位置をナビゲートする等、先進的な部分も兼ね備えることができるとか(この辺りはCarMagazineの願望も入ってるっぽい)。
なお、生産台数の詳細は明確になっていないものの、「8Cコンペティツィオーネ」は限定500台に対し、今回の次期「8C」は1,000台になると予想されています。

☆★☆次期「8C」関連記事2選はコチラ!☆★☆

あの「8C/GTV」がパワーアップで復活だ。アルファロメオが2018年~2022年のロードマップを公式公開(2018/6/1投稿)
アルファロメオ・次期「8C」の予想レンダリングが早速公開。エンジンはやっぱりV8ツインターボ?(2018/6/5投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう