ガムボール3000(GUMBALL3000)石川ツアー終了。最後の最後にブガッティ「シロン」登場、そして帰宅時にとんでもない奇跡が?!【動画有】

2018-08-14

衝撃的なドラマの連続だったガムボール3000・7日目石川ツアーを振り返る

8月4日よりスタートしている公道ラリー・ガムボール3000(GUMBALL3000)。
8月8日にイタリア・ボローニャから関西国際空国に無事到着するも、通関を無事クリアできなかったモデルが多数存在し、一部車両しか参加できないといったハプニングや、日本から急きょ取り寄せた高級レンタカーやディーラ車両等、あらゆる財力と自身のブランド力を活かして何とか成功に導いていくガムボールメンバーたち。
こういったハプニングが起きても、何事も無かったかのように進めていくのもガムボール3000の醍醐味だと思いますし、何よりも京都ツアーを見事成功させたこともとてつもないことですね。

【ガムボール3000・6日目京都ツアーはコチラ】

スポンサーリンク

フォーシーズンズホテル京都→石川県小松市・日本自動車博物館を見ていこう

京都ツアー終了後、ガムボールメンバーは京都市内のフォーシーズンズホテルにて宿泊し、翌日の朝10時半頃に出発。
もちろん、連日の長距離運転や日本に来てからの時差ぼけ、ナイトパーティー等、様々な要因が重なって寝坊するメンバーも多かったと思います。
そんな状態で、名神高速道路→北陸自動車道をぶっ飛ばして、いざ石川県の日本自動車博物館へ。

本会場では、北陸を主体とするガムボール・ジャパンメンバーたちが待ち構えており、数多くのスーパースポーツカーが展示。
会場は11時よりスタートし、お客さんの数もどんどんと増えていきます(ガムボール3000メンバーは13時ごろから順次到着予定)。

ちなみに、ガムボール・ジャパンメンバーたちの展示車両は以下にてまとめております。

【ガムボール・ジャパンメンバーの展示車両はコチラ】

12時半を過ぎてから会場の様子が一変する

12時半を過ぎて、早くもガムボール3000のメンバーが続々と到着。
記念すべき一台目は、レクサス「LC500」でした。
その次に到着した車両がこちら。

フェラーリ「288GTO」
時価4億円とも言われるリヤミドシップスーパースポーツカーですが、この個体を走らせている姿を目撃できるのはある意味最初で最後かも。

以下の動画は「288GTO」の退場シーンとなります。

【20180810_ガムボール3000(GUMBALL3000)288GTO_石川県・日本自動車博物館】

恐らく相当なメンテナンスをしてのガムボール3000に参戦したのだと思います。
これを見れた方は本当にラッキーですね。

ココからはガムボール3000車両をダイジェストで見ていこう

ジャガー「F-TYPE」2連発
いずれもガムボール仕様にステッカー貼付していますが、こうしたド派手なデザインでも似合ってしまうのが不思議。

マクラーレン「720S」2連発
マクラーレンのスーパーシリーズ「650S」の後継モデルとして登場した「720S」。
当ブログでも、”ドラッグレースの帝王”としてお馴染みで、加速性能だけでなくコーナリング性能も十分に長けた一台となっています。

メルセデスベンツAMG「GT R」4連発
最後に登場した「グリーンヘルマグノ」カラーの「GT R」は、人気自動車系ユーチューバーのShmee150氏が乗っています。

フェラーリ「GTC4ルッソ」
とにかく空ぶかし&急加速サービスを行ってくれた「GTC4ルッソ」。
V12サウンドが鳴り響きます。

アストンマーティン「ヴァンキッシュS」
関東のアストンマーティンより提供された個体ですが、噂ではガムボールメンバーが即購入したものだとか?

アルファロメオ「8Cディスコヴォランテ」
”空飛ぶ円盤”の意味を持つディスコヴォランテ。「8Cコンペティツィオーネ」をベースとしたコーチビルドモデルですが、「288GTO」同様にほぼほぼ幻の個体となっている一台です。
世界限定9台の超希少モデル。

ロールスロイス「ドーン」
ピンクに加えて、6輪モデル風にカスタムラッピングされたユーモラスな一台。
これだけ大柄な個体ですが、運転しているのは小柄でイケイケな女性でした。

フェラーリ「458イタリア」

メルセデスベンツAMG「GT S」
カスタムリヤウィングを装着した、中々に派手な一台

アストンマーティン「DB11」3連発
真ん中のホワイトカラーの「DB11」は、人気ミュージシャンのアッシュさんが運転していましたね。

フェラーリ「812スーパーファスト」
フェラーリのV12フロントマウントモデルで、これまで多く目撃されているのはやっぱりロッソ・コルサ。
今回は謎のグリーンカラーですが、このデザインも中々に似合っています。

BMW「i8」
マクラーレンと同様のバタフライドアを採用しつつも、エンジンは排気量1.5L 直列3気筒+電気モータのPHVモデル。
今回のガムボールメンバーでは圧倒的に静かな一台でした。

マクラーレン「MP4-12C」

ランボルギーニ「ウラカン・スパイダー」
大阪のスーパーカーレンタカーで有名なグローバルオートレンタカーさんが提供している一台ですね。

アウディ「RS6」
先日の平安神宮でも問題となった発煙筒をまきながらの走行ですが、今回もしっかりと行われていましたね。

【20180810_ガムボール3000(GUMBALL3000)アウディ・RS6_石川県・日本自動車博物館】

結構な量をたいてますが、これって公道では行ってはいけないパフォーマンスだとか…

こちらはポルシェ「911GT3」
走行中ステッカーやバッジ、タオルなどを配っていました。

私も運よく戦利品をゲット。

ポルシェ「918スパイダー」

待ちに待ったダッジ「チャレンジャーSRTデーモン」。
恒例のバーンアウトと空ぶかしサービスを行ってくれました。

とにかく目立ちに目立ったKTM「X-BOW(クロス・ボウ)」。

かなり希少ともいえるメルセデスベンツ「300SL」

まさか本当に目の前でみることができるとは…ニュルブルクリンク市販車最速記録の称号を持っていたポルシェ「911GT2RS」。世界限定1,000台のみ。
先日、ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」にその記録を破られたばかり。

超絶カスタムされたメルセデスベンツ「GT RS」
800馬力を超えるモンスタースーパースポーツ。

ドバイから参戦したパープルカラーのアルファロメオ「ジュリア/ステルヴィオ・クアドリフォリオ」

ある意味日本では目撃できないジープ「グランドチェロキー・トラックホーク」
ランボルギーニ「ウルス」をライバルとする700馬力超えのスーパースポーツSUVモデル。

人気ユーチューバーpog氏のランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」も!

アップルの創設者であるスティーブ・ジョブズ氏が唯一愛用していたBMW「Z8」も登場。

地元一般客からはこんなヤバい車両も登場

まさかの遭遇、ポルシェのレーシングスポーツ(いわゆるCカー)モデル「917」
時価数億円にも上る超高額車両が一般車両として登場。ですが、ライトのデザインやスタイリングを見る限りレプリカ版であることがわかります。

おそらく会場の誰もが「えっ?」とおもっていたはず。

その他には、リバティーウォークカスタムのダッジ「チャレンジャー」

ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」/ロールスロイス「レイス」

最後の最後。諦めていたとき…

続々とガムボール3000集団が日本自動車博物館に集まるも、肝心の目玉となるあのモデルはまだ登場せず。
開催時間は11時~16時まで。時刻は既に16時40分を過ぎ「もう来ないよ…」と誰もが諦めていたところ…遂に来ました。

コンラッド大阪ホテルにて突如として現れた、今回の目玉とも言えるハイパーカー。

ブガッティ「シロン」
世界限定500台のみ販売されていて、日本での割当て約30台とも言われているハイパーカー。
パワートレインは排気量8.0L W型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力1,500馬力/最大トルク1,600Nmを発揮します。
あのZOZOTOWNの前澤友作氏も所有する一台ですね。

ガムボール3000ステッカーを大々的に貼付したド派手なデザイン。
ベースとなるホワイトペイントに非常に映えますね。

四眼タイプのLEDヘッドライトと大口ともいえる馬蹄型グリル。
フロントリップは何とも爽やかなブルーをチョイスしています。

ミシュラン製のパイロットスポーツカップ2タイヤを装着していますが、このタイヤ一本を維持するのに300万円以上発生するといわれています。

センターに集約されたエキゾーストパイプはこんな感じ。
内部の4本だしマフラは真円ではなくデルタ形状なんですね。これは初めて知りました。

噂の大排気量エンジンを搭載。

車とは思えぬほどの特別な存在感。
中央のLEDセンターストリップが何とも美しいです。

この画像ではナンバープレートは装着されていませんが、走行中はしっかりと装着しているのでご安心を。
やはり最後の最後にしっかりと演出してきたブガッティ「シロン」。
途中で帰られていた方も多数ですが、ギリギリまで待っていた甲斐が有りました。

あの人気自動車系ユーチューバーのShmee150氏とのコラボショットも実現。
まさかこんな光景を目の前で見れるとは…感謝しかありません。

最後の最後にまさかのドラマが…

時間は17時30分を過ぎ、日本自動車博物館を後にして福井へ帰宅途中、まさかの先ほどのブガッティ「シロン」に遭遇。
他の車両はゴール地点となる七尾市の「加賀屋」へと向かいますが、何故か「シロン」は福井方面に…途中山中温泉方面に向かおうと右に曲がろうとしたところの交差点で停車し、私は直進するのですが、ここでまさかの「シロン」と並列状態に。
オーナーさんに手を振ると、快く対応していただき、その後ウィンドウがオープンし私に何かを話しています。

シロン・オーナー「加賀屋ってどこに向かえば良いですか?」

私「一度8号線に戻っていただいて、コマツドーム方面に向かって北上してください」

シロン・オーナー「わかりました!ありがとう」

そういって、信号は青に変わってしまい、「シロン」とはここでお別れ。
奇跡的な遭遇と言いますか…夢のような時間でした。
※ちなみに、加賀屋には無事到着した模様

【ガムボール3000(GUMBALL3000)の終わりにブガッティ「シロン」に遭遇】

あの人気ユーチューバー・Shmee150氏も日本にてツーリング

ちなみにコチラは、人気自動車系ユーチューバーのShmee150氏が日本の公道を走りながらレポートした動画。
様々な海外イベントの動画を世界に発信し続ける超人気ユーチューバーですが、やはり彼が日本の状況を説明する動画を公開するのって何か不思議な感じがしますね。

【When Gumball 3000 Arrives in Japan!】

石川の次はいよいよゴール地点の東京だ!

さて、8月11日の次なる目的地は東京都となります。
今回同様に、スケジュール通りにスムーズに行かない恐れもありますが、これもガムボール3000の醍醐味の一つ。約100台近くの車両達が、東京都にやってきます。
今回の石川や京都ツアーのように、東京の○○にてストップして展示といったことはありませんが、原宿や渋谷などを”通過”するといったことはあるかと思います。

ガムボール3000のスケジュールはいつ変更されるかわからない→定期的に記事をチェック願います

なお、以下の記事は、今回のガムボールスケジュール完全版となりますが、当日になってトラブルが発生することも十分に考えられます。
フィナーレの8月12日まで、どのようなハプニングや変更が起きるか全く読めません。その際には、速報で追記していきますので、以下の記事を定期的にチェックして頂けますと幸いです。加えて、最後の東京のスケジュールに関しても、当日の朝一に改めて追記していきたいと思います。

【ガムボール3000・スケジュール完全版】

☆★☆ガムボール3000関連記事6選はコチラ!☆★☆

ガムボール3000(GUMBALL3000)おまけ情報。コンラッド大阪の地下駐車場の様子を公開【動画有】(2018/8/9投稿)
【情報解禁】いよいよ本日、関空にガムボール3000(GUMBALL 3000)が来る。到着時間はコレだ!【動画有】(2018/8/8投稿)
【要チェック!】ガムボール3000のスケジュール一部詳細公開。ちなみに本イベント参加費用は500万~600万円【大阪・京都編】(2018/8/6投稿)
ガムボール3000が遂にスタート。ド派手な参加車両たちを動画にて確認していこう【動画有】(2018/8/5投稿)
【8/1更新】「ガムボール3000」追加情報続々。参加車両もある程度明らかで、日本からは60名が参加予定(2018/7/22投稿)
【8/1更新】8月8日~11日「ガムボール3000」が日本でも開催。石川県小松市・七尾市にも億超えのスーパーカーが登場だ(2018/7/18投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう